2018年3月31日土曜日

【エッセイ】新しい不動産遊びの方向性決定

今年、自身は新しい不動産遊びを始める。
資金は、証券担保ローンと事業用ローンを併用する予定だ。
先日から、具体的にどのように遊ぶかを考えていた。
ようやく、方向性が決まったので書いてみるw

不動産投資で人気があるのは、マンションへの投資らしい。
ワンルームなら、比較的、投資費用も少額なのでハードルが低いようだ。
自身は昨年、所有するマンションを大手企業に貸した。
自身の経験からいうと、マンションへの投資には2つの大きなリスクがあるw

1つは、空室でも管理費等の支出が発生することである。
事実、低金利で借り入れをし購入しても、利益が残るマンションは少ない。
1つは、事故物件になったときだ。
貸すことは難しく、売却するのも難しいことは容易に想像できるw

以上を踏まえ、自身は築年数の古い中古戸建て物件で遊ぶことにした。
当たり前だが、中古戸建てでは管理費等の支出は発生しない。
事故物件になれば、建築士の自身が設計したプランで建替えすれば済む。
再建築が不可なら、自身がリノベーションすれば済むだけの話であるw