2018年3月2日金曜日

【エッセイ】下落相場ですべきこと

下落相場に入ったら、決して株を買ってはいけない。
下落相場に入ったということは、相場の底へ向かって動き出したということだ。
証券会社のAI主流の売買では、損失を少なくするため、売りが多くなる。
信用取引で買い向かった投資家も徐々に売り出すため、相場は下がり続けるw

下落相場ですべきことは、相場の底で買うための資金を貯めることだ。
相場の底は、証券会社や信用取引の投資家たちの売りがピークを迎えたときだ。
いわゆる、セリングクライマックスである。
セリングクライマックスでは、大手優良企業の株は、あり得ない株価になるw

相場が天井になる回数と底になる回数は同じだ。
当たり前だが、このことに気づいていない個人投資家は意外と多い。
株の基本は、安く買って、高く売る、すなわち「Buy low,Sell high」だ。
安く買うために、買うための資金を貯めなくてはならないのであるw

あと、下落相場ですべきことは、下落相場になってからの株の評価額の記録だ。
もし、前回の下落相場より評価額が増えていれば、君の行動は正しかった。
前回の下落相場より評価額が減っていれば、君の行動は正しくなかったのである。
すなわち、株を安く買って、高く売れたのかがわかるのであるw