2018年3月15日木曜日

【コラム】個人投資家と機関投資家のどちらが有利か

自身は株式投資を始めてから、連戦連勝の無敗だ。
自身は株式投資をするのであれば、連戦連勝の無敗は当たり前だと思っていた。
だが、連戦連勝の無敗は、当たり前ではないらしいことを知った。
含み損であるにも関わらず、売って損失を確定する個人投資家が意外と多いw

正直いって、自身には損切りする人の気持ちが理解できない。
なぜ、今売れば損するとわかっているのに売るのか。
なぜ、損しないような行動をとらないのか。
欲深いと思われるかもしれないが、自身は株式投資で1円たりとも損はしたくないw

考えてもみたまえ、相場に投資しているのは、同じ人間である。
資金が豊富な機関投資家は機動的な売買ができるため、相場では有利かもしれない。
だが判断を誤れば、資金が豊富なため、天井で売り抜けることは難しい。
下落相場で思うように売り抜けることができないことは、歴史が証明しているw

その点、資金のそれほど多くない個人投資家は自由に動くことができる。
相場が下落しているときは、売買せずに休むも相場を決め込む。
相場が底を打ったら、それまでに働いて貯めた資金で全力買いをすればよいのである。
無職なので資金を貯めることができないって、なら働けば済む話であるw