2017年11月19日日曜日

【コラム】確定拠出年金を個別株で運用する方法

自身の勤務先は、確定拠出年金を導入している。
この確定拠出年金、投資信託、保険、定期預金のみで個別株での運用はできない。
自身は投資信託は買わないので、利息ほぼセロの定期預金で運用していた。
実はこの確定拠出年金、自身はある方法を使い個別株で運用しているw

方法は簡単で、定期預金の積立額と同額を銀行から回収するのである。
具体的には、銀行の株を買って年間拠出額と同額の配当を得る。
得られた配当で個別株を購入するのである。
そのようにすることで、定期預金の積立額を実質ゼロにできるのであるw

自身が確定拠出年金で定期預金にしているのは、三井住友銀行の定期預金。
自身はすでに8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループの株を保有している。
ところが保有株数が少なかったため、配当は拠出額には及ばなかった。
今年、自身は8316を買い増し、現在の8316の配当は拠出額とほぼ同額であるw

「つみたてNISA」もそうだが、確定拠出年金の目的は投資信託を買わせることだ。
投資信託を買えば、運用益が出ていなくても信託報酬手数料を払わなくてはならない。
つまり、証券会社や金融商品販売会社のカモになるだけである。
彼らのカモになりたくなければ、投資信託を買わないことであるw

2017年11月18日土曜日

【投資手法】成長銘柄の見抜き方

株式投資では成長企業へ投資することが重要になる。
なぜなら、成長企業では株の定価、BPS(1株当たり純資産)も増え続けるからである。
では、どのようにすれば成長企業(銘柄)を見抜くことができるのか。
成長銘柄の見抜き方について、具体的に書いてみるw

成長銘柄を見抜く方法は簡単で、誰にでもできる。
決算書等を読む必要はなく、怪しい連中の有料情報も必要ない。
買い増ししたい、もしくは買いたい銘柄が複数あったとする。
決算毎にそれらの株のBPSを記録しておくだけであるw

例えば、メガバンク株の過去1年のBPS推移と1年前からの増加率は以下になる。
8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 1,100円→1,137円→1,194円(+8.5%)
8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ 6,526円→6,901円→7,211円(+10.5%)
8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ 325円→335円→348円(+7.1%)

メガバンク株のBPSは、軒並み増加していることがわかる。
なかでも、8316は驚異の+10.5%の増加率である。
ちなみに+10.5%で増加していった場合、7年目のBPSは現在の2倍になる計算だ。
8316の増加率が最も多いことは、自身が8316を買い増しした理由の1つでもあるw

2017年11月17日金曜日

【コラム】半年で100万円以上増えた金融資産とは

株価は、その日に取引された価格であって、本来の価格ではない。
株の本来の価格、定価はBPS(1株当たり純資産額)である。
ところが、意外とこのことがわかっていない個人が多い。
このことさえわかっていれば、どのような局面においても冷静でいられるw

企業の資産を計算した額が、純資産額である。
純資産額を発行株式数で割った額が、BPSとなる。
純資産額100億円の企業が1億株発行していれば、BPSは100円。
中学生でも理解できる計算で、BPSは誰でも確認することができるw

成長企業の場合、当たり前だが純資産額は増え続ける。
発行株式数が増資などで増えない限り、BPSも増え続ける。
BPSが増え続けるため、金融資産も増え続ける。
買ったり売ったりしなくても、株を保有するだけで増やすことができるのであるw

例えば、Yファンド保有株のBPS合計額の推移は以下である。
決算発表前のBPS合計額は28,319,180円、決算発表後のBPS合計額は29,470,160円。
半年での増加額は、1,150,970円(増加率4.1%)になる。
大手優良成長企業の株を保有しているだけで、君の金融資産は増え続けるのであるw

2017年11月15日水曜日

【子どもファンド】保有株式売却のお知らせ

子どもファンドの運用を担当しているYです。
子どもファンドが株式の売却を決定したので、お知らせいたします。

1.株式の売却を行う理由
 娘の歯の矯正費用が必要になったため。

2.売却に関わる事項の内容
 (1) 売却する株式の種類 (コード番号8306)三菱UFJフィナンシャル・グループ
 (2) 売却する株式の総数 2,000株(上限)
 (3) 売却価格の総額 1,000,000円(上限)
 (4) 売却期間 平成29年11月17日~平成29年12月31日
 (5) 売却方法 市場売却

※売却する株式の数は、上記2による売却の完了後、改めてお知らせいたします。

(ご参考)
1.保有株式売却の方針
 当ファンドでは、保有する株式は娘名義になっていることから、娘が現金を必要とした際には、原則として必要相当額の株式を売却することをその方針としております。

2.平成29年11月15日時点の三菱UFJフィナンシャル・グループ株の保有
 保有株式数 5,000株
以上

ご注意:この文書は、子どもファンドの株式の取得および売却に係わり、一般に公表するための発表文であり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありませんw

2017年11月14日火曜日

【エッセイ】子どもファンド緊急会見

こちらは、子どもファンド緊急会見の会場です。
数時間前、子どもファンドの重大発表を行なうとの連絡がありました。
子どもファンドは、無敗のファンドマネージャーY氏が運用するファンドです。
いったい、どのような重大発表があるのでしょうか。

子どもファンドは、8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループへの集中投資です。
2015年に1,300株を購入、翌2016年には2,200株を買い増し。
同年末には別銘柄を売り元本引上げ、3,500株全てタダ株にしていました。
今年になってからは、1,500株を買い増し、計5,000株を運用しています。

Y氏が買い増ししてから、株価は上昇、現在の損益率は200%を軽く超えています。
ああーっと、今、ゴールドのド派手なスーツを着たY氏が現れました。
お聞きください、会場内は盛大な拍手と歓声で包まれています。
Y氏が片手を挙げると、会場内は水を打ったように静かになりました。

会場内を見回したY氏、おもむろにスクリーンを指差しました。
スクリーンにスライドが映し出されました・・・えっ・・・。
「㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ売り」
ま、まさかの㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ売りだーっ!

2015年に運用を開始した子どもファンド、は、初めての売り予告です。
ああーっと、Y氏が再びスクリーンを指差しました。
スライドが切り替わり、そこに書いてあるのは・・・。
「娘の歯の矯正費用が必要になったためw」

2017年11月13日月曜日

【予告編】魔法のバトン~ダイヤモンドは持ってないから砕けない~

The market is driven by fear and greed
市場は恐怖と欲望によって動かされる
~ウォール街の相場格言~

ある外資系証券会社にて
「底で買った無敗の相場師Y、Yの次の動きは予測できたのか」
「あと少しでAIによる解析が終わります・・・解析結果が出ました」
「AIによる解析でYの動きは予測できる、これでYも終わりだ、で結果は」
「U、UNKNOWN・・・ふ、不明です・・・」

某地方都市にて
「なるほど、この度の相場、関東のYはんが先陣を切りはったわけや。
全国には、ワテらのような無敗の相場師が94人いてます。
今、ワテらの相場を外国人投資家どもが好き放題にしとる。
今こそ、ワテら無敗の相場師の実力を見せてやろうやおまへんか」

都内某所にて
「平家の末裔である無敗の相場師Yの買いにより、相場が大きく動いています」
「全国の平家一族、相場への参戦状況はどうなっておる」
「ついに一族、全ての参戦を確認いたしました」
「じきに相場は終盤を迎える、Yの動きから片時も目を離すな」

2018年新春公開「魔法のバトン~ダイヤモンドは持ってないから砕けない~」
君よ、相場の世界を体感せよ。

-------------------------------------------------
もちろん全てフィクションだ。
我ながら、本当にヒマだと思うw

2017年11月12日日曜日

【コラム】他世帯の金融行動を知りたければ「知るぽると」

金融広報中央委員会の「知るぽると」ホームページに下記の調査結果が掲載された。
「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成29年調査結果」である。
ほとんどの人は、他の世帯の家計の金融行動を知ることはできない。
そのような中、他の世帯の家計の金融行動を知ることができる調査結果であるw

例えば、年間手取り収入から貯蓄した世帯は65%で、手取り収入の9%を貯蓄している。
預貯金等の金融資産を保有している世帯は68.8%で、金融商品合計額は1151万円。
目標としている金融資産残高は2232万円。
ちなみに、年金支給時に必要と考えている金融資産残高は2080万円であるw

今後、具体的に考えている金融商品は「預貯金」で44.6%。
「元本割れを起こす可能性があるが、収益性の高いと見込まれる金融商品について、
今後、1~2年の間にどのくらい保有しようと考えていますか」という設問がある。
「そうした商品を保有しようとは全く思わない」が、ダントツの80.8%であるw

「老後の暮らしについて、経済面でどのようになるとお考えですか」という設問。
「多少心配である」、「非常に心配である」が、81.4%となっている。
老後の経済面で心配はあるが、元本割れの可能性がある金融商品はイヤなのである。
貯蓄することで目標額を達成しようとする、日本らしい調査結果であるw

2017年11月11日土曜日

【コラム】上昇相場に乗れている投資家が思うこと

日経平均が史上初の16連騰を記録、25年ぶりの高値をつけた上昇相場。
自身が保有する株の評価額も最高額を更新中だ。
ところが上昇相場に乗れている投資家は意外と少ない。
なぜ、自身たちが上昇相場に乗れているのか書いてみるw

答えは簡単で、東京証券取引所第一部上場銘柄をメインで保有しているからだ。
現在、東京証券取引所の取引の6割以上を外国人投資家が占めている。
外国人投資家の取引は、取引の活発な一部上場銘柄がメインである。
自身の保有株は一部上場銘柄がメインなので、上昇相場に乗らない訳がないw

以前にも書いたが、銘柄選びは投資手法の1つにすぎない。
日経平均株価と連動させたければ、日経平均株価の構成銘柄を選ばなくてはならない。
ちなみに外国人は日経平均株価ではなく、TOPIX(東証株価指数)を指標にしている。
理由は、日経平均株価を構成する銘柄の割合が偏っているからであるw

自身も相場の過熱感を表すのは、TOPIXだと思っている。
日経平均株価は25年ぶりの高値だが、TOPIXはようやく10年前の水準である。
一部のアナリストは、今の相場を「バブルの再来」などといっている。
自身たちからすると、「何いってんだ、コイツ」であるw

2017年11月10日金曜日

【コラム】株式投資におけるプラス思考とマイナス思考

自身は株式投資を始めてから、連戦連勝の無敗だ。
当たり前だが「損切り」は1度もしたことがない。
自身は損切りする人の思考がわからなかった。
最近、損切りする方の思考がわかったような気がするので書いてみるw

損切りする人と損切りしない人の違いは、含み損になったときの考え方かもしれない。
多くの人は含み損になった場合、なぜ含み損になったのかを考える。
その多くは「買うのが早すぎた」である。
次に考えるのは、なぜ「買うのが早すぎたのか」であるw

「買うのが早すぎた」で、考えられる理由で多いのは以下だ。
「他の人が儲けているのが羨ましかった」など。
そこで君は考える、これからは早く買うのを止めようと。
はっきりいって、この思考こそが株式投資におけるマイナス思考であるw

考えてもみたまえ、含み損になった理由をいくら考えても含み益にはならない。
含み損になったときに考えるのは「どうすれば最短で含み益にできるか」だ。
「どうすれば最短で含み益にできるか」という思考こそがプラス思考なのである。
常にプラスの思考でいれば、損切りなどという愚かな行為はできないはずだw

2017年11月9日木曜日

【ショートショート】無敗の相場師Yに関する調査報告

無敗の相場師Yについて、ご報告申し上げます。
これまでの調査によると、Yは都内在住の会社員。
2005年から株式投資を始めた連戦連勝の無敗の個人投資家です。
2014年には、株式投資による儲けで住宅ローンを一括完済したそうです。

Yの投資スタイルは、年に数回、年によっては売買しない筋金入りの長期投資です。
ですが、必ずといっていいほど、Yが買うときは底で売るときは天井です。
事実、値動きの激しかった昨年の相場でも、Yは底で買い天井で売っています。
2016年2月、Yが「聖バレンタインの虐殺相場」と呼ぶ底での買い。

同年6月の英国EU離脱ショックや、同年7月のメガバンク株の底での買い。
同年12月には保有していた大手海運株を天井で売り抜けました。
今年になってから、しばらくの間、Yの動きはありませんでした。
ところが、今年の8月になって、Yは初めて買いを入れました。

その後、相場はどうなったと思います、ご存じないならお教えしましょうか。
日経平均は16連騰、約25年ぶりの高値を更新しながら騰がり続けているそうですよ。
もちろん、数は少ないですが、他にも連戦連勝で無敗の個人投資家はいます。
Yが彼らと違うのは「相場を読む力」でなく「相場を動かす力」なのかもしれませんw

2017年11月8日水曜日

【現在の株式評価額】20171108~仕手株連騰で最高値更新!~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:20,543,000円
・損益額合計:17,305,400円(損益率535%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,802,000円
・損益額合計:2,812,000円(損益率284%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドの評価額が、最高額を更新した。
最高額を更新した理由は、保有する仕手株のサプライズによる連騰である。
自身はこの仕手株を10年以上、保有している。
すでにタダ株にしているので、騰がろうが下がろうが痛くもかゆくもないw

長期保有のメリットは、複利効果だといわれている。
自身からすると、長期保有のメリットは株価の推移が読めるようになることだ。
サプライズにより、どのように株価が推移するかがわかるのである。
さて今回のサプライズ、自身はいつも通り、高みの見物をさせてもらう所存だw

2017年11月7日火曜日

【現在の株式評価額】20171107~日経平均と共に最高値更新!~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:20,326,000円
・損益額合計:17,088,400円(損益率528%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,837,500円
・損益額合計:2,847,500円(損益率288%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドの評価額が、最高額を更新した。
日経平均は約25年ぶりの高値となったらしい。
自身は25年前に生まれていなかったとはいわない。
だが株式投資は行なっていなかったw

今の相場をバブルじゃないかというアナリストがいる。
自身は、彼らを「バブル○鹿ブラザース」と呼んでいる。
なぜなら、まだ相場は天井には程遠く、バブルとはいえないからだ。
街にワンレンボディコンの女性が多くなったときがバブルだよw

2017年11月6日月曜日

【エッセイ】結婚のメリットについて考える

自身の両親は、健康ではないが健在だ。
数年前から父親は寝たきりになり、母親が介護している。
父親は自営業だったので、経済的な事情から自宅介護をせざるを得ないのである。
ときどき思う、母親は今、楽しいのだろうかとw

父親は長年、連れ添った母親に介護してもらえるので幸せだろう。
だが、介護する母親はどのように思い、毎日を過ごしているのか。
自身は介護の経験はないが、経験したいとも思わない。
結婚した見返りに、配偶者を介護するような人生はまっぴらゴメンであるw

人は何のために結婚するのかと考えることがある。
結婚のメリットとは、子孫を残せることだけではないかと思ったりする。
子どものいない共働き、いわゆるDINKSのうちはまだよい。
だが子どもができると、父親1人の収入で家族を養わなければならないw

たまの休みの日には「○○へ連れて行け」だのと家族サービスをせがまれる。
家事を手伝わなければ「役に立たない」だのと嫌味をいわれる。
自身は既婚者だが、娘と2人暮らしをして10年以上になる。
世間からすれば不自由な暮らしかもしれないが、自身は限りなく自由なのであるw

2017年11月4日土曜日

【エッセイ】ハロウィンの娘の仮装が凄すぎた話

自身は大学生の娘と2人暮らしをしている。
娘は不思議なことにモテル。
娘によると、今の彼氏で6人目らしい。
幼い頃から見てきた自身からすると、なぜ娘がモテルのか全くわからないw

娘は大学生活を楽しんでいる。
勉強にバイト、休みの日にはライブなどのイベントに出かけている。
先日、娘が渋谷のハロウィンイベントに出かけるべく身支度をしていた。
自身はハロウィンのどこが面白いのか全く理解できないw

しばらくすると、娘の部屋から悲鳴が聞こえた。
何事かと娘の部屋へ行くと、娘が高校生時代の制服を着て立ち尽くしていた。
「どうした」と聞くと、娘がいう。
「ス、スカートが・・・入らない」w

ウチの娘は甘い物には目がなく、先日の出張土産もすぐになくなった。
自身は、娘の体の大部分は糖分でできているのではないかと思っている。
娘は無理やりにスカートをはくと、渋谷に出かけていった。
サイズの合わないスカートとゾンビメイクの娘に、渋谷はパニックになった筈だw

2017年11月3日金曜日

【エッセイ】小樽への小旅行

自身は出張で空き時間ができると、観光するようにしている。
先日の北海道出張の際に立ち寄った小樽観光がよかったので書いてみる。
札幌での仕事が早く終わったので、小樽へ行くことにした。
札幌から小樽へは、JR快速エアポートで30分ほどで行くことができるw

小樽での目的地は2つあった。
1つは、金融資料館になっている日本銀行旧小樽支店。
1つは、重要文化財でもある旧日本郵船株式会社小樽支店。
株式投資をしている自身らしい目的地だと思うw

自身は、小樽に日本銀行の支店があることを知らなかった。
小樽はかっては北海道開拓の拠点都市で「北のウォール街」と呼ばれていたらしい。
最初に立ち寄ったのは、日本銀行旧小樽支店。
東京駅などを設計した近代建築の巨匠、辰野金吾氏らによる建物であるw

日本銀行旧小樽支店は、今は金融資料館として使われている。
内部には様々な展示があり、日本銀行の歴史等を学ぶことができる。
展示から、日本経済が激動の歴史の中で発展してきたことがわかる。
当時を生きた相場師たちの偉大さをあらためて実感することができたw

次に向かったのは、旧日本郵船株式会社小樽支店。
佐立七次郎氏の設計による歴史的建物である。
さらに日露の樺太国境策定会議にも使用された重要文化財でもある。
ちなみに自身は昨年、日本郵船株を売却、現在は日本郵船株を監視中であるw

入口を入ると、老朽化による応急処置なのか、天井を補強していた。
よほど急だったのか、都会では考えられない木材での補強だった。
当時の家具等が復元されており、設計図も展示されている。
自身は建築設計の経験があるが、当時の設計図は見事だと思ったw
目的を終えたので、外国人だらけの小樽運河沿いを歩いて駅へ向かった。
駅前の喫茶店で電車の時間まで、つかの間のコーヒーブレイク。
自身は比較的、多くの観光地を巡ってきた。
その中でも、小樽はオススメの観光地であるw

2017年11月2日木曜日

【エッセイ】男女の間に友情は成立するか

先日、ある女友達と久しぶりに会う機会があり食事をした。
彼女は既婚者だが、実年齢よりはずっと若く見える。
自身より早くに資産運用を始めた聡明な女性でもある。
食事をしながら、お互いの近況や資産運用について話したw

「男女の間に友情は成立するか」というテーマがある。
自身は男女の間に友情は成立すると考えている。
なぜなら、自身には複数の女友達がいるからである。
自身からすると、結婚していようがいまいが、友達は友達であるw

世間では、既婚の男女が2人で会うと「不倫だ」などと騒ぎ立てる。
また、見つかった当人たちも「一線は越えていない」などというコメントをする。
ある本に書いてあったが「既婚の男女が会うのは相手に魅力があるからだ」と。
その本には次のようにも書いていたw

「その場の成り行きで、男女の仲になることがあるかもしれない。
たとえ男女の仲になっても変わらないのが、真の友達だ」と。
真の友情の前には、一線を越えた越えないなんぞは些細なことなのである。
だが、ウチの娘に女友達と食事してくるというと「不倫か・・・」というw

2017年11月1日水曜日

【コラム】売り買いは腹八分について

「売り買いは腹八分」、この相場格言は2つの意味を持っている。
その一つは、最高値で売ろうとか最安値で買おうと思うなという戒めであり、
いまひとつは相場に向ける資力は適当にとどめ、決して全財産を投入するな
という教えである。(日本証券業協会ホームページより)

この相場格言は先人達の教えだが、自身は正しいとは思っていない。
なぜなら、最高値で売って最安値で買うことは、比較的、容易だからだ。
最高値をつけるのは、皆が買い向かっている相場。
かたや、最安値をつけるのは、皆が狼狽売りをしている相場だw

具体的に最高値で売る方法をお教えしよう。
当たり前だが、最高値をつけるのはバッドニュースが出てからだ。
よほどのバッドニュースでない限り、すぐに株価は下がらない。
なぜなら、バッドニュースに買い向かう愚かな連中がいるからであるw

バッドニュースが出るまでは、ひたすらホールドすることだ。
バッドニュースが出てから、しばらく株価の推移を見る。
バッドニュースに買い向かう愚かな連中が株価を騰げる。
彼らが株価をほどよく騰げてくれたときこそが、最高値で売る好機なのであるw

2017年10月31日火曜日

【エッセイ】父子家庭の悩みとは

厚生労働省の「平成28年 国民生活基礎調査の概況」がある。
同調査によると、熊本県を除く全国の世帯総数は4994万5千世帯。
内、母子世帯は71万2千世帯(全世帯の1.4%)となっている。
自身のような父子世帯は、更に少なく9万1千世帯(全世帯の0.2%)であるw

自身は娘と2人暮らしを始めてから、10年以上になる。
そういう点では、父子家庭のプロともいえるかもしれない。
ひょっとしたら読者の中に、父子家庭になる方がいるかもしれない。
父子家庭ならではの悩みについて書いてみるw

世間では、父子家庭は家事が大変だといわれている。
慣れてしまえば、炊事、洗濯、掃除は楽しみながらこなすことができる。
我が家が最も苦労したのは裁縫で、未だにできずにいる。
だが安心して欲しい、時期がくれば裁縫なんぞは必要なくなるw

父子家庭の悩みは、子どもが思春期を迎えたときに起こる。
先日、泊まりの出張から帰ってくると、家の中の様子が違っていた。
ウチの娘は、家では家事はほとんどしない。
にも関わらず、家の中が妙に片付いていたw

娘に「誰か呼んだのか」と確認すると、ドヤ顔で「彼氏を呼んだ」という。
短期間でも家を空けると、彼氏を連れ込まれる。
これこそが、我が家の目下の悩みだ。
だが、これで自身も女友達を呼ぶ口実ができたので悩みじゃないかもしれないw

2017年10月28日土曜日

【投資手法】誰でもできる相場で勝ち続ける方法

ウォール街の相場格言に「The market is driven by fear and greed」がある。
直訳すると、市場は恐怖と欲望によって動かされる。
この相場格言から、相場を動かすのは経済指標や企業業績ではないことがわかる。
相場を動かすのは、まさしく人々の恐怖と欲望なのであるw

下落相場では「まだ下がるのではないか」という恐怖から売りが増える。
上昇相場では「まだ騰がるのではないか」という欲望から買いが増える。
では、どうすれば相場で勝ち続けることができるのか。
答えは簡単で、相場に対する恐怖と欲望をなくせばいいw

本来、株には定価ともいうべき、BPS(1株当たり純資産)がある。
株価がBPSより大幅に安くなれば買い、BPSになれば売ればよい。
自身は保有株や狙いの株のBPSは、常に念頭においている。
自身は常にBPSを意識しており、株価とBPSを売買基準の1つにしているのであるw

このような売買基準を設けることにより、恐怖と欲望はなくなる。
下図は、自身が評価額を記録しているエクセルシートだがBPSの記録欄がある。
ちなみに、リーマンショック以降、メガバンク株は1度もBPSに達していない。
よって、リーマンショック以降、メガバンク株に買いはあっても売りはないのであるw

2017年10月27日金曜日

【現在の株式評価額】20171027~評価額2000万円突破に思うこと~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:20,240,000円
・損益額合計:17,002,400円(損益率525%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,954,500円
・損益額合計:2,964,500円(損益率299%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドも子どもファンドも、またもや最高額を更新した。
日経平均は22,000円を突破、Yファンドの評価額も2000万円を突破した。
自身と同じ時期に同じメガバンク株を買った方、おめでとう。
メガバンク株が今年の底だった時期に買い向かった君はエライw

メガバンクの株価は、まだ株の定価(BPS)には程遠い。
よって、今は次の買い場に向けて、ひたすら貯蓄に励むのである。
えっ、じゃあ、いつ売ればいいのかって。
売り時は株価がBPSになったとき、もしくは自身が売りの予告をしたときだよw

2017年10月26日木曜日

【現在の株式評価額】20171026~魔法のバトンが止まらない~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,851,000円
・損益額合計:16,613,400円(損益率513%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,848,500円
・損益額合計:2,858,500円(損益率289%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドも子どもファンドも、またもや最高額を更新した。
自身は最高額を更新すると、評価額を記録するようにしている。
だが、このように連日、最高額更新が続くと記録するのも大変だ。
本ブログの数少ない読者の方も、いい加減に飽きてきたのではないかと思うw

そんな読者の為に、メガバンク株の選び方について話をしよう。
自身は今年、8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループを買い増しした。
なぜ、3大メガバンクの中で、8316を買い増ししたのか。
答えは、3大メガバンクCEOの保有株数にあるw

前回の決算時における3大メガバンクCEOの普通株式保有株数は以下だ。
8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループCEO:40,500株
8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループCEO:35,988株
8411 ㈱みずほフィナンシャルグループCEO:45,180株w

株価を考慮すると最も時価総額が多い自社株を保有しているのは8316のCEO。
自社株を多く保有していれば、当然ながら株の定価(BPS)を高めようとする。
あと自身の保有株で最も株数が少なかったのが8316だった。
それらのことがあり、Yファンドは8316を買い増ししたのであるw

2017年10月25日水曜日

【現在の株式評価額】20171025~メガバンク株上昇で最高額更新!~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,717,000円
・損益額合計:16,479,400円(損益率509%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,824,500円
・損益額合計:2,834,500円(損益率286%)
・保有銘柄数:1銘柄

日経平均の連騰は止まったが、Yファンドも子どもファンドも最高額を更新した。
最高額を更新した理由は、メガバンク株の上昇である。
自身は昨年もメガバンク株を仕込み、年末に向けて評価額を増やした。
昨年と同じパターンを繰り返す外国人投資家は、自身にとってはわかりやすいw

だが、外国人投資家にいいたいことがある。
メガバンク株を騰げてくれるのは嬉しい。
だが、できれば給料日には大きく騰げないで欲しい。
なぜなら、働いて給与を得ることが空しく思えるからだw

2017年10月24日火曜日

【現在の株式評価額】20171024~祝!日経平均16連騰!連日の最高額更新!~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,559,000円
・損益額合計:16,321,400円(損益率504%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,756,500円
・損益額合計:2,766,500円(損益率279%)
・保有銘柄数:1銘柄

日経平均は史上初の16連騰、Yファンドも子どもファンドも最高額を更新した。
自身と同時期に同じメガバンク株を買った方は、笑いが止まらないはずだ。
自身には相場が見えるが、特別な能力をもっている訳ではない。
むしろ、なぜ他の人が相場を見ることができないのか不思議であるw

今年7月に行なわれたG20ハンブルク・サミットでの首脳宣言。
「(世界経済)成長の見通しは心強いものなるも、依然として望ましい
ペースよりも弱いため、成長を強化し、下方リスクに対応する上で、
国際的な協力へのコミットメントを再確認」とあるw

つまり、G20各国首脳の世界経済成長への見通しは心強いのである。
これこそが今回の世界的上昇相場の最たる原因だ。
G20の見通しを受け、世界の投資家が強気で買い続ける上昇相場。
上昇前に仕込んだ我々は、この世界的な上昇相場を謳歌しようではないかw

2017年10月23日月曜日

【現在の株式評価額】20171023~祝!日経平均15連騰!最高額更新!~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,277,000円
・損益額合計:16,039,400円(損益率495%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,697,500円
・損益額合計:2,707,500円(損益率273%)
・保有銘柄数:1銘柄

日経平均は史上初の15連騰、Yファンドも子どもファンドも最高額を更新した。
自身と同時期に同じメガバンク株を買った方、おめでとう。
おそらく、君の保有株の評価額も最高額を更新したはずだ。
だが、まだまだメガバンク株は割安水準にある、よってストロングホールドだw

日経平均が15連騰したが、相場には過熱感がない。
理由は、まだ国内相場は天井ではないからだよ。
大多数の株の株価が、株の定価であるBPS以上になったときこそが天井だ。
今はこれから買いに来る連中を、高みの見物と洒落こもうじゃないかw

2017年10月20日金曜日

【現在の株式評価額】20171020~祝!日経平均14連騰!~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,097,000円
・損益額合計:15,859,400円(損益率490%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,639,000円
・損益額合計:2,649,000円(損益率268%)
・保有銘柄数:1銘柄

日経平均株価が、57年ぶりの14連騰で歴代最長記録に並んだらしい。
14連騰を記念して、現在の株式評価額を記録しておく。
前回の14連騰は1960年12月21日から1961年1月11日だったらしい。
当たり前だが、自身が生まれる前のことなので記憶にはないw

自身はこの歴史的瞬間に立ち会えたことを素直に喜びたい。
週明けの相場はどうなるかはわからない。
だが、自身はいつもながらのストロングホールドで挑む所存だ。
さて、今宵は手作り洋食を酒の肴に祝杯を挙げることにしようw

2017年10月18日水曜日

【コラム】暴落相場での行動が成否を分ける

先日、知人と株の話をする機会があった。
知人は、自身と同じく10年以上前に株を始めた。
ところがリーマンショックで、数百万円の含み損になった。
現在では、ようやく百数十万円の含み損まで回復したとの話だったw

自身もリーマンショックでは数百万円の含み損だった。
だが自身は数年前から、とっくに含み益に転じている。
なぜ、知人は含み損で、自身は含み益なのか。
おそらく、リーマンショック後の行動で、差がついたのだと思っているw

リーマンショック後、自身は金が貯まるたびにナンピンしまくった。
信じてもらえないかもしれないが、当面の生活費以外は株購入に充てた。
当時のアセットアロケーション(資産配分)は、90%以上が株だった。
なぜなら、それが自身にとって含み益にする最良の方法だったからであるw

ナンピンすることによって、平均取得単価を下げる。
株価が株の定価(BPS)へ向かって上昇すれば、含み損は含み益に転じる。
よく、含み損が多くなると、損切りする人がいる。
損切りは何もメリットがなく、そもそも損切りしようとする神経が理解できないw

2017年10月17日火曜日

【コラム】株式投資をすれば世界が変わる

自身は株式投資を始めてから、連戦連勝の無敗である。
株式投資を始めた目的は、住宅ローンの一括返済だった。
だが数年前にそれまでの元本を引上げ、住宅ローンの一括返済を完了。
今は特に決まった目的はなく、マネーゲームとして株式投資に取り組んでいるw

一定額以上の株を保有している方はおわかりだろう。
一定額以上の株を保有していれば、1日、万単位で評価額が増減する。
1日で万単位の評価額の変動があると、どうなるか。
はっきりいって、残業までして働くのがバカらしくなるw

なぜ、残業がバカらしく思えるようになるのか。
自身は金銭に対する世界観が変わるからだと思っている。
世の中には様々な職業があるが、全ての対価は時間に比例している。
だが、株式投資による対価(リターン)は、様々な職業に比べ桁違いなのであるw

特に自身のような長期投資の場合、株式投資に費やす時間は極端に少ない。
相場に大きな変動があったとき、相場の状況を確認、売買をするだけである。
真面目に働くのはよいことだし、自身も本業は会社員だ。
だが残業している連中を見ると、住んでいる世界が違うと思ってしまうのであるw

2017年10月16日月曜日

【エッセイ】長期投資家の長期投資戦略とは

株式評論家や証券アナリストなどの人種をご存知だろうか。
彼らは株の短期の値動きを予測することを生業としている。
彼らが数年間にわたる長期予測をすることはない。
なぜなら、一度、長期予測をすると、仕事がなくなるからであるw

自身の投資スタイルは長期である。
株の売買は年に数回あるか、ないか。
年によっては、一度も売買しない年もあった。
また、買い増し(ナンピン)は数年かけて行なうことが多いw

そんな自身が相場を予測する場合、当然ながら長期予測になる。
例えば、東京オリンピックが開催される2020年。
自身はこのとき、相場は直近のピークを迎えるとみている。
よって、それまでは毎年、相場の底で拾うようにしているw

だが、自身の目的は2020年のピークで売り抜けることではない。
2020年以降、相場が大底を打ったときに大量に買いを入れることが目的だ。
リーマンショックの大底でも買い向かったが、資金が少なく悔しい思いをした。
だが、ニ度と同じ轍は踏まない、次回の大底は大量に買い付けてやる所存だw

2017年10月15日日曜日

【エッセイ】子育てが終わりに近づき思うこと

自身は大学生の娘と2人暮らしをしている。
早いもので、順調にいけば、あと2年足らずで娘は社会人になる。
医療系の私大なので、学費は年間150万円ほどになるが、あと1年で終わる。
娘の資産を株式で運用しているが、これもあと1年で終わるw

世間では夫婦共働きが増えてきている。
また学費が用意できずに、奨学金を使わせる親も多いと聞く。
そのような中、シングルインカムだが奨学金を使うことはなかった。
それだけでなく、娘の資産を殖やし続けている自身は凄いといえるw

先日、シングルファーザーの知人と話す機会があった。
知人は高校生の娘と2人暮らしをしており、大学の学費は用意できているらしい。
知人いわく「子育ての目処がついたら、自分のことをしたい」と。
話を聞いて思った、それはアリだとw

まだまだ、人生、先は長い。
自身は親としての義務は十分すぎるくらい果たしている。
ならば、これからの人生は自身のやりたいことをやる。
稼いだ金を惜しみなく使って、人生を謳歌してやるw

2017年10月14日土曜日

【コラム】出世欲がない会社員は最強である

会社員の経験がある方はご存知だろうが、会社には様々な人がいる。
よくいるのが、自分を高く評価して欲しいという人々である。
つまり、出世欲の塊のような人々である。
自身は会社員の傍ら株式投資を行っているので、出世欲はさらさらないw

自身の経験からいうと、出世欲と仕事の能力は比例しない。
むしろ、出世欲が強い人ほど仕事ができない人が多い。
なぜ、出世欲が強い人ほど仕事ができないのか。
答えは簡単で、出世欲が強い人は出世することが目的だからであるw

彼らにとって仕事の成果は二の次で、いかに出世するかが大事なのだ。
いかに自分が優れているかを、上司へアピールすることにいそしんでいる。
自身からいわせると、出世しようといそしんでいる会社員は愚かである。
はっきりいって○鹿だといった方が、いいかもしれないw

なぜなら、会社や株主からすると、社員の人件費は高いよりは安い方がよい。
仕事もできない人間に高い給与を払うことは、会社や株主にとってマイナスである。
仕事もできない人間に高い給与を払うくらいなら、仕事のできる人間を重宝する。
よって、自身のように仕事ができて出世欲のない会社員は最強なのであるw

2017年10月10日火曜日

【コラム】偉大なる相場師の教えは人生観を変える

自身は株式投資を始めるに当たって、多くの本を読んだ。
ベンジャミン・グレアム氏の「賢明なる投資家」、福澤桃介氏の「福澤桃介式」
本多静六氏の「私の財産告白」、是川銀蔵氏の「相場師一代」などなど。
これらの本は、自身の人生観に大きな影響を与えてくれたw

本を読めばわかるが、彼らは特殊な能力をもっていた訳ではない。
生まれ育った環境や運がよかった訳でもない。
彼らが他の人と異なっていたのは、物事に対する考え方である。
多くの人が考えることと、異なる考え方ができたのであるw

例えば「福澤桃介式」に、福澤桃介氏が半生守ってきたことがある。
「自分を世界で一番、偉いと思え」
「自分を世界で一番、幸福者と思え」
福澤桃介氏は続けて、こう述べているw

「グレーテストマンであると同時にハッピエストマンであることを思ったならば、
悲しむことも、落胆することもない。そしてますます自分を向上させることができる。
これはいわゆる悟道論のようなもので、いわば悟りに入ったのである。
私は、いつもそのように考えることが必要だと思っている」w

多くの人は、結果で幸福か否かを判断しようとする。
「資産がいくらあれば幸福だ」、「生活レベルが高ければ幸福だ」などなど。
だが、人生は山あり谷ありで浮き沈みが激しい。
どのような局面においても、幸福だと思えれば、これほど幸福なことはないw

貧乏になったり、重病であったりしても、己を幸福にさせるためだと考える。
そのような境遇に遭わせることによって、幸福へと導くのだと考える。
自身はこれらの教えを知ってから、世界で一番、偉い幸福者だと思うようになった。
ちなみに自身は無宗派で、怪しい宗教の勧誘ではないので安心されたいw

2017年10月8日日曜日

【コラム】不動産を貸すなら法人限定がオススメだよ

自身は所有するマンションをある大手企業に貸している。
管理費や修繕積立金、固定資産税を払っても、一定額が残る。
何もしなくても、専用口座の残高は増え続けている。
不動産を法人に貸すメリットについて書いてみるw

1.値引き交渉がない。
転勤等で社員が住居を探す場合、あらかじめ上限金額が決められている。
社員が上限金額までの物件を選んでくれるため、値引き交渉がない。
事実、自身が契約する際も、値引き交渉は全くなかったw

2.家賃滞納がない。
法人との契約になるため、社員が家賃を振り込むことはない。
家賃の振込みは会社の経理、または社宅代行会社によって行なわれる。
彼らの振込みは正確で、滞納などはあり得ないw

3.入居後のトラブルがない。
当然ながら、入居者はその会社の社員である。
しかも転勤があるということは、複数の拠点を有する会社だ。
万が一、トラブルがあっても、会社が後始末をしてくれるw

では、どうすれば不動産を企業に貸すことができるのか。
1つは、法人から社宅を依頼される規模の不動産会社に募集依頼すること。
1つは、不動産会社が限定解除をいってきても、法人限定で押し通すこと。
最後の1つは、最も重要でリフォームによりお得感を持たせることだw

自身は入居者が退室するたびに、リフォームを行なう予定だ。
入居期間が長引くほど、リフォーム費用が貯まり高額なリフォームが可能になる。
えっ、それじゃ儲からないんじゃないかって。
前にもいったろう、自身にとって不動産は投資ではなく遊びだってw

【エッセイ】休日に娘について思うこと

自身は大学生の娘とタワマンで暮らしている。
住んでいるタワマンはファミリータイプなので、2人には広すぎる。
本来は4人家族を想定した間取りなので、部屋や物入れが余っている。
また家具も少ないので、余計のこと広く感じるw

窓からは都心やスカイツリーを望むことができ、眺望も申し分ない。
休日は、食べたいときに食べたい物を作り食べる。
もちろん我が家より生活レベルの高いところはあるだろう。
だが自身は、現在の生活レベルで十分に満足であるw

娘は休日はバイトするか、遊びにいくことが多い。
自身の女友達にもいわれるが、娘にとって今が一番、いいときかもしれない。
家賃は払わなくてよいし、家事や食事の用意は自身がしてくれる。
バイト代は全て自分のために使うことができるw

ふと思った。
この先、娘が結婚して家を出れば、おそらく生活レベルは今より下がる。
家事をしなくてはならず、今のように毎月数万円を自由に使うことはできない。
娘が今の生活を続けることを選ばず、結婚してくれることを願うばかりであるw

2017年10月6日金曜日

【現在の株式評価額】20171006~子どもファンド年初来高値更新~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,218,000円
・損益額合計:15,980,400円(損益率494%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,674,000円
・損益額合計:2,684,000円(損益率271%)
・保有銘柄数:1銘柄

夏は~外国人がいなくなる~♪
いなくなったら、株価が下がる~♪
底打ちで仕込む!魔法のバトン!♪
(曲はデリケ○エムズのCM曲w)

Yファンドは微減だが、自身が運用している子どもファンドは年初来高値を更新。
子どもファンドは、8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループへの集中投資。
自身の運用により、1株あたりの平均取得単価は200円に満たない。
これほど割安の8306を保有している大学生は、おそらく娘くらいだろうw

2017年10月5日木曜日

【エッセイ】今年使う金が1000万円を超える話

自身は大学生の娘と2人暮らしである。
先日、娘の後期の学費を、大学の指定口座に振り込んだ。
医療系の私大なので、後期だけで80万円近い学費だった。
振り込んだあと思った、今年、結構な額を使っているなとw

今年になってから、使った金をざっくり計算してみた。
所有マンションを賃貸にするため、リフォームした費用が約170万円
娘の学費、運転免許取得費、国民年金が約200万円
自身と娘名義の株購入費用が約430万円、合計約800万円だったw

所有マンションをリフォームした費用は、家賃収入でいずれは元は取れる。
娘の学費、運転免許取得費、国民年金を支払うのは、親として義務である。
だが見方を変えると、ある意味、娘への投資ともいえる。
自身と娘名義の株購入費用は、いうまでもなく完全に投資だw

この他に、家賃や水道光熱費、食費等の生活費がある。
それらも含めると、今年、使う金の合計額は軽く1000万円を超えるだろう。
自身は会社員が本業で、本業の収入は同世代の平均で1000万円に満たない。
ところが1000万円以上を使う予定にも関わらず、なぜか資産は増加中であるw

2017年10月4日水曜日

【コラム】不動産屋任せにすると空き室になる話

今年の3月に所有するマンションをリフォームし、賃貸の募集をかけた。
同じ時期に同じマンションの別住戸が募集をかけた。
自身が所有する住戸は、募集してすぐに借主が決まった。
ところが別住戸は、現在も借主を募集中であるw

なぜ、別住戸の借主は決まらないのか。
答えは、不動産屋任せにしているからである。
当初、その住戸の募集家賃は、自身の募集家賃より低かった。
自身としては少し焦ったが、自身の住戸は募集して数日で決まったw

ところが今、別住戸は自身の募集家賃より高い家賃で募集している。
おそらく、不動産屋が家主にいったのだろう。
角部屋なので、自身の家賃より高くしても貸せますよと。
だがリフォームしなければ、自身の家賃は明らかに割高であるw

事実、別住戸は募集をかけてから、半年が過ぎたがまだ募集中だ。
割高な家賃で募集を続けさせられる家主は哀れである。
所詮、不動産屋は家主のことを親身になって考えちゃいない。
今回の件で思った、空き家が増える一因は不動産屋にあるのかもしれないとw

2017年10月3日火曜日

【現在の株式評価額】20171003~この相場、連騰中につき~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,224,000円
・損益額合計:15,986,400円(損益率494%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,638,000円
・損益額合計:2,648,000円(損益率267%)
・保有銘柄数:1銘柄

子どもファンドも増加、Yファンドはまたもや最高額を更新した。
娘が数万円かけて歯のホワイトニングをしたいので金をくれ、といってきた。
以前なら、歯磨き粉をつけて口をゆすがなければ白いままだ、といっただろう。
だが評価額が順調に増加しているので、即答でOKしたのはいうまでもないw

2017年10月2日月曜日

【現在の株式評価額】20171002~仕手株連騰~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,105,000円
・損益額合計:15,867,400円(損益率490%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,622,500円
・損益額合計:2,632,500円(損益率266%)
・保有銘柄数:1銘柄

子どもファンドは微減だが、Yファンドは微増ながら最高額を更新した。
自身が保有する仕手株が、先日、グッドニュースが出てから騰がり続けている。
自身はこの仕手株を数年前にタダ株にしている。
よって今回の連騰も、高みの見物とさせてもらう予定だw

2017年10月1日日曜日

【コラム】上手い投資家にマネー雑誌の取材が来ない理由

情報化社会の現代、誰もが相場に関する情報を容易に入手できる。
情報入手という点では、もはやプロとアマの差はないといっても過言ではない。
そもそも相場の動向は、情報で決まるものではない。
経済の動向や世界情勢による人々の恐怖と欲望によって決まるのであるw

この時代、誰もが投資ファンドを上回るリターンを残せる可能性がある。
投資ファンドのリターンを上回る個人投資家は、自身も含め少なからず存在する。
ところが、自身たちのような個人投資家がマネー雑誌などで紹介されることはない。
なぜなら、マネー雑誌のスポンサーにとってメリットがないからであるw

マネー雑誌のスポンサーは、証券会社や金融商品を扱う会社である。
証券会社や金融商品を扱う会社の収入は、取引に伴う手数料だ。
ところが、投資ファンドのリターンを上回る個人投資家は長期保有である。
数年にわたって保有することはザラで、取引回数は驚くほど少ないw

自身たちの投資手法が広まると、証券会社や金融商品を扱う会社は儲からない。
したがって、自身たちがマネー雑誌などで紹介されることはないのである。
えっ、ウソだろうって、ウソだと思うならマネー雑誌を読んでごらん。
紹介されているのは、短期売買の投機家か、積立投資の信仰者だけだよw

2017年9月30日土曜日

【投資手法】株を底で買う方法

先月30日に、今年初めての買いを入れた。
購入したのは、8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ。
自身がいうのも何だが、今年の底で買えたと思っている。
自身がどのようにして底で買ったのか、具体的に書いてみるw

自身の売買は、ファンダメンタルとテクニカルを併用している。
ファンダメンタルの基準の1つが株の定価、1株当り純資産(BPS)だ。
8316のBPSは6,901.67円だが、株価は4,000円台を推移している。
つまり、相場では定価よりはるかに低い価格で売買されているのであるw

ファンダメンタルのもう1つの基準が、配当利回りになる。
8316の配当は160円なので、株価が4,000円なら配当利回りは4%になる。
8316の配当利回りは、定期預金の金利をはるかに上回っている。
つまり、現金で持っているより、8316を買った方がはるかにお得なのであるw

テクニカルでは、落ちるナイフが刺さったときを見抜くことが重要になる。
下図は8316の3ヶ月チャートだが、7月に入ってから株価が下がっていた。
8月29日、例の国が早朝にミサイルを発射、株価は一時4,000円を割った。
チャートに落ちるナイフが刺さった形が現れたので、翌日、購入した次第であるw











2017年9月29日金曜日

【現在の株式評価額】20170929~バトンは急には止まらない~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,029,000円
・損益額合計:15,791,400円(損益率488%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,653,500円
・損益額合計:2,663,500円(損益率269%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドと子どもファンドともに、微増ながら最高額を更新した。
自身と同時期に同じ株を買った方、おめでとう。
君が買った株の評価額も順調に増えているはずだ。
あとは慌てて買いにきた外国人投資家たちを、高みの見物と洒落こもうじゃないかw

2017年9月28日木曜日

【現在の株式評価額】20170928~回り続ける魔法のバトン~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:18,983,000円
・損益額合計:15,745,400円(損益率486%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,644,500円
・損益額合計:2,654,500円(損益率268%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドと子どもファンド、ともに最高額を更新した。
今年、初めての買いを入れてから、保有株の株価は上昇を続けている。
しかも自身が買った途端に上昇、株価は騰がり続けている。
まさかとは思うが、外国人投資家に自身の売買は監視されているのかもしれないw

2017年9月27日水曜日

【エッセイ】我が家の収入に関する考察

現在、我が家には5つの収入がある。
3つは自身の収入、2つは娘の収入である。
自身の収入は、会社からの給与収入、株主としての配当、家主としての家賃収入。
娘の収入は、バイト代、株主としての配当であるw

娘の収入は、娘の稼ぎなので娘の好きに使わせている。
自身の収入は収入別に口座を分け、収入に伴う支出を引き落としている。
それぞれの口座で、収入の範囲内に支出を抑えるようにしている。
したがって、時が経つにつれて、口座の残高は増え続けるのであるw

さて、家主としての家賃収入。
所有していたマンションを全面リフォームして、大手企業に貸している。
当初は一定額が貯まれば、株の購入資金にしようと考えていた。
だが、最近、考えが変わったw

いずれ大手企業との契約は解除され、別の企業に借りてもらわなくてはならない。
今回、大手企業が借りてくれたのは、全面リフォームしたことが大きかった。
よって家賃収入で得た費用全額を、次回のリフォーム費用に充当することにした。
自身にとって賃貸とは収益目的ではなく、ちと高額な趣味といえるかもしれないw

2017年9月26日火曜日

【エッセイ】資産を殖やす黄金のサイクルについて

真面目に仕事をしていても雇われ社員である限り、生涯収入はしれている。
出世のために残業をすればするだけ、時間当たりの給与は低下する。
子どもを預けて働きに出ても、保育料を差し引くと、わずかな手取りだ。
金融機関の定期預金に預けても、利息は物価高の上昇には追いつかないw

資産を殖やす黄金のサイクルについて書いてみる。
黄金のサイクルに必要なのは、本業とは別の副収入である。
例えば、株式投資の黄金のサイクルは以下になる。
株を買う→配当が入る→貯蓄できる→株を買う→(以下、繰り返しw)

ここで重要なのは、副収入は安定した収入であることだ。
株式投資には売買による譲渡益と配当益がある。
はっきりいって、短期売買による譲渡益は安定した収入とはいえない。
それに引き換え、配当は年間予想が容易で安定した収入といえるw

株価が下落すると、利益確保とばかりに慌てて売る連中がいる。
なかには信じられないことに、損切りなどという愚かな行為に出る者もいる。
当たり前だが、株価が下がろうが配当が下がることは滅多にない。
副収入を活かして株を増やし続けることこそが、黄金のサイクルなのであるw

2017年9月25日月曜日

【ブログ3周年特別企画】本ブログの今後の方針

本ブログも3周年を迎え、4年目に突入する。
上から目線の本ブログをお読みいただいている方には感謝申し上げる。
本ブログは資産運用や日々の生活を綴った私的なブログである。
よって上から目線が気に入らない方は、読まずにスルーしていただきたいw

本ブログの目的について書いてみる。
本ブログの目的は、資産運用の状況や日々の生活の記録である。
いつでも読み返せるように、自身の備忘録としている。
だが目的とは別に、前代未聞のある試みを行なっているw

その試みとは、事前予告による株の売買である。
株ブログは多くあるが、売買する株を事前予告するブログを自身は知らない。
自身は世界で最も偉いと思っており、無敗の投資手法を体得している。
よって事前に予告しようが、どのような相場が来ようが勝てるのであるw

これからも事前予告してから株を売買する。
どのタイミングで、どのような売買をするか、よければご覧いただきたい。
読者の方の参考になり儲かったのであれば、これ以上、嬉しいことはない。
ただ、もし君が儲かったなら「魔法のバトン」のリレーをお願いするw



2017年9月24日日曜日

【ブログ3周年特別企画】3年間に手がけた銘柄たち

自身は住宅ローン一括完済のため、2005年から株式投資を始めた。
2013年末に元本引上げ、2014年に住宅ローンを一括完済した。
住宅ローン一括完済後、いつまでにいくら殖やす等の目標がなくなった。
よって、現在は実益を兼ねたマネーゲームとして、株式投資に取り組んでいるw

株式投資における基本的なスタンスは以下である。
・国内現物株の中長期保有
・倒産の可能性が低い社歴の長い東証上場高配当企業への集中投資
3周年を記念して、各年におけるYファンドの保有銘柄を書いてみるw

2014年9月23日時点の保有銘柄(評価額12,600,200円)※はタダ株
・仕手株 2,000株(※)
・8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 2,000株
・8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ 200株(※)
・8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ 20,000株(※)
・9101 日本郵船株式会社 5,000株
・9202 ANAホールディングス株式会社 4,000株

2015年9月23日時点の保有銘柄(評価額15,735,900円)
・仕手株 2,000株(※)
・8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 2,000株
・8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ 200株(※)
・8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ 20,000株(※)
・9101 日本郵船株式会社 10,000株

2016年9月23日時点の保有銘柄(評価額15,625,800円)
・仕手株 2,000株(※)
・8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 10,000株
・8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ 200株(※)
・8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ 20,000株(※)
・9101 日本郵船株式会社 20,000株

2017年9月23日時点の保有銘柄(評価額18,680,000円)
・仕手株 2,000株(※)
・8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 10,000株(※)
・8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ 1,000株
・8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ 20,000株(※)

株式だけをみると、年平均20%超で運用されていた。
だが上記には、保有株の配当や子どもファンド分は含まれていない。
また財産三分法でいう残り2つ、預貯金や不動産へのシフト分は含まれていない。
計算すればわかるのだろうが、ゲームにそこまで労力を費やす気にはなれないw

2017年9月23日土曜日

【ブログ3周年特別企画】記念すべき初投稿

3年前の2014年9月23日、本ブログをスタートした。
タイトルは、現在の副タイトル「Yの株日記」だった。
当初は株式投資の記録になればと考えていた。
ちなみに、記念すべき2014年9月23日の初投稿は以下であるw

--------------------------------------------------
株式(特定預り)合計
・評価額合計:12,600,200円
・評価損益合計:4,914,600円
・保有銘柄数:6
--------------------------------------------------

コメントも説明もなく、単なる記録のみだった。
当時、たまたま見た人は「何だ、このブログ」と思っただろう。
ブログ開始3周年なので、この3年の歩みを検証してみる。
だが、検証しても「何だ、このブログ」と思われるかもしれないw

2017年9月22日金曜日

【現在の株式評価額】20170922~子どもファンド強し~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:18,680,000円
・損益額合計:15,442,400円(損益率477%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,618,500円
・損益額合計:2,628,500円(損益率266%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドは評価額が減少したが、子どもファンドは最高額を更新した。
子どもファンドは1銘柄への集中投資で、自身が運用している。
やはり集中投資は分散投資より強いのだと実感している。
資産を順調に増やしてもらっている娘は、今夜も彼氏の家にお泊りであるw