2017年9月20日水曜日

【エッセイ】見習いたくない会社員の話

先日、出張帰りの新幹線の車中で衝撃的な出来事があった。
途中駅から乗ってきた年配の会社員らしき男性が、自身の横の席に座った。
自身が寝ていると、なにやらカタカタと音がする。
目を明けてみると、横の会社員がノートPCに何かを打ち込んでいたw

見ないようにしようとしても、隣なので見えてしまう。
画面を見ると、どこかの会社に経歴を送ろうとしているようだった。
画面に入力された会社員の年齢を見た瞬間、衝撃を受けた。
思わず二度見してしまったほどの衝撃だったw

その会社員の年齢は、60代だったのである。
経歴の欄には、卒業大学から在職中の会社まで入力されていた。
20代や30代なら、卒業大学は必要だろう。
だが60代ともなれば、今までの仕事での実績をアピールすべきであるw

その会社員が60代でありながら、転職活動をしている理由はわからない。
おそらく、止むに止まれぬ事情があったのだろう。
だが、必要とされる人材であれば、経歴なんぞ送らなくても採用される。
60代での転職活動はある意味、凄いとは思うが、自身は見習いたいとは思わないw

2017年9月19日火曜日

【現在の株式評価額】20170919~祝!最高額更新!~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:18,705,000円
・損益額合計:15,467,400円(損益率478%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,544,500円
・損益額合計:2,554,500円(損益率258%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドと子どもファンド、ともに最高額を更新した。
Yファンドの今日1日の増加額は、1ヶ月の給与を上回った。
子どもファンドの今日1日の増加額は、娘の2ヶ月のバイト代に相当する。
株価上昇時の唯一のデメリットは、勤労意欲が失せることだw

2017年9月18日月曜日

【今後の戦略】同時期に8316㈱三井住友FGを買った方へ

最近、本ブログのPV数が増えている。
まさかとは思うが、自称プロトレーダーの方が訪れているのかもしれない。
先日、自身は8316㈱三井住友FGを買い増しした。
数少ない読者の中には、同時期に同じ銘柄を購入した方がいるかもしれないw

購入した方のために、これからの運用について具体的に書いてみる。
まず必要なことは、次の買い場に備えて資金を貯めることである。
10年チャートでは、リーマンショック後、6,000円から2,000円を推移している。
つまり株価の上限は6,000円、下限は2,000円までであることがわかるw

今回、同時期に買われた方の買値は4,000円付近だろう。
暴落相場が来なかった場合、株価は数年以内に6,000円近くになるだろう。
そのときには元本分の株だけ売り、タダ株を作るのである。
暴落相場が来て株価が2,000円台前半になれば、迷うことなく同数をナンピンだw

資金に余裕がある方は、購入額と同額で倍近い株数をナンピンするのもアリだ。
えっ、暴落したらナンピンするまでの間、含み損に耐えないといけないのかって。
確かに投資信託であれば、信託報酬手数料が必要なため、買った途端に含み損だ。
だが8316は配当があるため、損失を確定しない限りは含み益だよw