2018年6月19日火曜日

【予告編】銘柄を明かさない理由R~ベイビーワールドエンド~

本ブログには、自身が初めて書いた小説がある。
全13章からなる「銘柄を明かさない理由R」だ。
5人の無敗の相場師、ロイヤルストレートフラッシュの物語である。
もちろん、素人が書いた小説なので、プロの方が書いた小説の足元にも及ばないw

主要登場人物は、無敗の天然こと10(テン)、無敗の相場師J、無敗のクイーンことQ。
無敗の大物相場師キングことK、無敗の若き相場師エースことAである。
何度も読み返しているうちに、続きを書きたくなってきたので続きを書いている。
サブタイトルは「ベイビーワールドエンド(赤ちゃん世界の終わり)」だw

全体のあらすじは決まっていない。
だが前回もそうだが、書き始めると後は勝手に登場人物達が話を作ってくれる。
前回は、無敗の若き相場師エースことAの渡米で終わった。
では、続きとなる「ベイビーワールドエンド」の予告編をお届けするw

---------------------------------------------------------------------------

東洋人の女性は、主演の日本人俳優とは顔見知りだった。
日本にいた頃、伝説の相場師キングの主催する研究会で一緒だった。
仮面の相場師、まさか、あんたまでアメリカへ来るとはね。
看板を後にすると、東洋人の女性は笑みを浮かべ、自宅へ向かった。

ある日のこと、娼婦の館の新人女性に、若い東洋人男性から指名が入った。
新人女性は、先輩たちから、若い東洋人男性のことを聞いていた。
「The time to spend with him is great.(彼と過ごす時間は最高よ)」
新人女性は期待に胸を弾ませながら、部屋で若い東洋人の男性が来るのを待った。

「有料会員になったので、送られてきた銘柄情報どおりに買ってみました。
ところが騰がった銘柄は半分、下がった銘柄は半分でした。
下がった銘柄は更に買うことでプラスにしましたが、単に買うだけじゃ儲かりませんよ」
大学生になった21世紀少年は、メガネを外した顔でにっこりと微笑んだ。

外資系証券会社に勤める年齢不詳の男に、組織からある指令がもたらされた。
今回の仕手戦を仕掛けた黒幕を突き止めろ、という指令だった。
本国にいる黒幕を突き止めろか、余裕の仕事だな。
自宅の居間で、年齢不詳の男、ジョーカーは不敵な笑みを浮かべた。

2018年6月18日月曜日

【今後の戦略】自身に見えている今年の相場

信じてもらえないかもしれないが、自身には相場が見える。
相場がいつ底を打ち、いつ天井を迎えるかがわかるのである。
相場が見えるという感覚を、具体的に説明するのは難しい。
今、見えている相場を、具体的に説明することは難しいが書いてみるw

以前にも書いたが、今年の仕込み時期は8月以降だとした。
下落相場が始まった2月、多くの投資家が信用取引という借金で買い向かった。
信用取引で買い向かった連中は、6ヶ月以内に返済しなくてはならない。
よって、返済期限を迎える8月に、相場は底を打つと書いたw

このことに気づいている人は、恐らくいないか、いても数えるほどのことがある。
今年の相場の動きは、2016年の相場に酷似しているのである。
2016年の相場は、自身が「聖バレンタインの虐殺相場」と呼ぶ2月に底を打った。
その後、騰がったり下がったりを繰り返した相場は、夏に2度目の底を打ったw

このとき、メガバンク株にあり得ないことが起きた。
メガバンク株の配当利回りが、軒並み5%を超えたのである。
自身は今年の8月以降に、株を仕込むつもりだ。
もし、読者の方が同じ時期に仕込むなら、くれぐれも自己責任でお願いするw

2018年6月17日日曜日

【コラム】立会外取引(ダークプール)利用権の獲得に思うこと

会社四季報を確認するため、久々に証券会社の取引口座にログインした。
取引口座には、証券会社からのお知らせが不定期に届く。
自身は現物株の中長期投資で、年に数回しか売買しない。
自身は売買するときに、これらのお知らせをまとめて読むようにしているw

ふと見ると、あるサービスの利用権を獲得したとのお知らせがあった。
証券会社のサービスなんぞ、ろくなものがない。
よく手数料割引などのサービスがあるが、売買回数の少ない自身には不要だ。
今回もその手のサービスだろうと思って読んだら違ったw

現物取引の注文を、機関投資家の注文とマッチングしてくれるサービスだった。
取引所より有利または同値でマッチングできる場合のみ、立会外取引で約定してくれる。
立会外取引は、外部から見えにくいことから「ダークプール」とも呼ばれている。
最大のメリットは、取引所よりも有利な値段で約定できる可能性があることだw

今まで機関投資家しか利用できなかった「ダークプール」を利用できる。
ちなみに「ダークプール」を利用できる条件は、預り資産が1000万円以上らしい。
取引所よりも有利な値段で約定できる可能性があるのであれば、利用しない手は無い。
機関投資家から安く買い、機関投資家に高く売ってやるのが、今から楽しみであるw