2018年4月17日火曜日

【これから株を始める君へ】株は買うより買わない方が難しい

自身は株式投資を始めてから、連戦連勝の無敗だ。
投資スタイルは現物買いの長期投資である。
売買は年に数回、年によっては全く売買しない年もあった。
そんな自身だが株を始めた頃は、金が貯まる度に株を買っていたw

株式投資の上級者が他の人と異なる点は、経験によって得た知見だ。
例えば、株を買うと下がる人がいる。
買った本人は、なぜ下がるのか理由がわからない。
株が下がったりするのには理由があるw

売る人が多ければ株価は下がる。
えっ、そんな当たり前のことは知っているって。
なら、なぜ株を買うと下がる人がいるのか。
答えは株価が下がっているときは売る人が多いからだよw

つまり、株価が下がっているときに買えば、さらに株価が下がって当たり前なのである。
「落ちるナイフは掴むな」という有名な相場格言がある。
いかに魅力的な銘柄であっても、株価が底を打つまで買うなという意味だ。
株を買うことは誰にでもできる、難しいのは底を打つまで買わないことなのであるw

2018年4月16日月曜日

【コラム】「か○ちゃの馬車」について

あまり時事ネタは書きたくないのだが、呆れた事件があったので書いてみる。
「か○ちゃの馬車」というシェアハウスを管理運営していた会社が倒産した。
被害者は約700人で、被害総額は1000億円ともいわれている。
被害者の多くは高年収の会社員や士業の人らしいw

驚くことに、被害者は1億~2億円のシェアハウスをフルローンで購入したらしい。
自身が最も驚いたのが、シェアハウスが木造だったことである。
シェアハウスの規模、設備や立地を確認したが、到底1億~2億円にはならない。
RC(鉄筋コンクリート造)のハイグレード設備でなければ、あり得ない価格だったw

今回の被害者は、あまりにも無知だったとしかいいようがない。
建築不動産業界では、建物価格に利益を乗せるのは常套手段である。
なぜなら、土地価格は誰でも原価(路線価)を調べることができるからだ。
したがって、土地とセットで販売されている物件は割高な物件が多いのであるw

もちろん、最もわるいのは倒産した会社だ。
あと、1億~2億円のフルローンを認めた金融機関もわるい。
だが、被害者の自己責任とされる割合も多いはずだ。
被害者が買ったのは「か○ちゃの馬車」ならぬ、「かぼちゃの馬○」かもしれないw

2018年4月15日日曜日

【エッセイ】携帯ショップの呆れた対応

最近、何かと忙しかったため、ブログの更新ができなかった。
忙しかった出来事の1つについて書いてみる。
先日、スマホの機種変更をするべく、携帯ショップに行った。
店員から機種代を分割払いするなら、ローン契約が必要だといわれたw

ローン契約しなくてよい方法はあるのか、と店員に聞いた。
すると、端末の一括購入なら、ローン契約は不要ですといわれた。
一括購入の額を聞くと、10万円ほどだった。
10万円ほどなので一括購入してやったら、なぜか店員は不服そうだったw

帰宅してから、店員に勧められ変更したプランが割高なことに気づいた。
翌日、再度、店に出向き、プラン変更を取り消してもらった。
ところが契約内容確認画面に変更取り消しが反映されない。
とうとう、取り消ししたにも関わらず、プランを変更されてしまったw

問合せ窓口へ連絡したが、一向に埒が明かない。
このような場合、どうすればよいか。
答えは簡単で、管轄省庁に情報提供すればよい。
情報提供した翌日には、変更前のプランに戻ったのはいうまでもないw