2017年11月19日日曜日

【コラム】確定拠出年金を個別株で運用する方法

自身の勤務先は、確定拠出年金を導入している。
この確定拠出年金、投資信託、保険、定期預金のみで個別株での運用はできない。
自身は投資信託は買わないので、利息ほぼセロの定期預金で運用していた。
実はこの確定拠出年金、自身はある方法を使い個別株で運用しているw

方法は簡単で、定期預金の積立額と同額を銀行から回収するのである。
具体的には、銀行の株を買って年間拠出額と同額の配当を得る。
得られた配当で個別株を購入するのである。
そのようにすることで、定期預金の積立額を実質ゼロにできるのであるw

自身が確定拠出年金で定期預金にしているのは、三井住友銀行の定期預金。
自身はすでに8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループの株を保有している。
ところが保有株数が少なかったため、配当は拠出額には及ばなかった。
今年、自身は8316を買い増し、現在の8316の配当は拠出額とほぼ同額であるw

「つみたてNISA」もそうだが、確定拠出年金の目的は投資信託を買わせることだ。
投資信託を買えば、運用益が出ていなくても信託報酬手数料を払わなくてはならない。
つまり、証券会社や金融商品販売会社のカモになるだけである。
彼らのカモになりたくなければ、投資信託を買わないことであるw

2017年11月18日土曜日

【投資手法】成長銘柄の見抜き方

株式投資では成長企業へ投資することが重要になる。
なぜなら、成長企業では株の定価、BPS(1株当たり純資産)も増え続けるからである。
では、どのようにすれば成長企業(銘柄)を見抜くことができるのか。
成長銘柄の見抜き方について、具体的に書いてみるw

成長銘柄を見抜く方法は簡単で、誰にでもできる。
決算書等を読む必要はなく、怪しい連中の有料情報も必要ない。
買い増ししたい、もしくは買いたい銘柄が複数あったとする。
決算毎にそれらの株のBPSを記録しておくだけであるw

例えば、メガバンク株の過去1年のBPS推移と1年前からの増加率は以下になる。
8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 1,100円→1,137円→1,194円(+8.5%)
8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ 6,526円→6,901円→7,211円(+10.5%)
8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ 325円→335円→348円(+7.1%)

メガバンク株のBPSは、軒並み増加していることがわかる。
なかでも、8316は驚異の+10.5%の増加率である。
ちなみに+10.5%で増加していった場合、7年目のBPSは現在の2倍になる計算だ。
8316の増加率が最も多いことは、自身が8316を買い増しした理由の1つでもあるw

2017年11月17日金曜日

【コラム】半年で100万円以上増えた金融資産とは

株価は、その日に取引された価格であって、本来の価格ではない。
株の本来の価格、定価はBPS(1株当たり純資産額)である。
ところが、意外とこのことがわかっていない個人が多い。
このことさえわかっていれば、どのような局面においても冷静でいられるw

企業の資産を計算した額が、純資産額である。
純資産額を発行株式数で割った額が、BPSとなる。
純資産額100億円の企業が1億株発行していれば、BPSは100円。
中学生でも理解できる計算で、BPSは誰でも確認することができるw

成長企業の場合、当たり前だが純資産額は増え続ける。
発行株式数が増資などで増えない限り、BPSも増え続ける。
BPSが増え続けるため、金融資産も増え続ける。
買ったり売ったりしなくても、株を保有するだけで増やすことができるのであるw

例えば、Yファンド保有株のBPS合計額の推移は以下である。
決算発表前のBPS合計額は28,319,180円、決算発表後のBPS合計額は29,470,160円。
半年での増加額は、1,150,970円(増加率4.1%)になる。
大手優良成長企業の株を保有しているだけで、君の金融資産は増え続けるのであるw