2017年8月17日木曜日

【エッセイ】同じ仕手株をお持ちの方へ

自身が最も長く保有しているタダ株は仕手株である。
以前に銘柄のヒントを出したことがあるので、お持ちの読者の方もいるかもしれない。
お持ちの方に警告する、値動きにつられて買い増しをしてはならない。
なぜなら、すでに高値圏にあるからだw

株の指標であるPBRは1倍になろうとしており、配当利回りは1%台に低下した。
とてもじゃないが、割安株といえる水準ではない。
今の局面で買い増しをすれば、間違いなく高値掴みになる。
これからの局面、元本引上げの売りはあっても買いはなしだw

仕手株が動意づいたときはわかりやすい。
相場の動きに関係なく、騰がり続けるのである。
事実、最近になって出来高を伴いながら騰がりつづけている。
数年前、自身は買値の3倍になったところで、元本分を引き上げタダ株にしているw

どれだけ騰がったら、元本分を引き上げる売りをするか。
まさしく今、君は相場に試されているのである。
えっ、お前はどうするんだって。
タダ株なので売る必要はないが、過去最高値になれば売り抜けるかもしれないw

2017年8月16日水曜日

【予告編】魔法のバトン~ダイヤモンドは誰もくれない~

The market is driven by fear and greed
市場は恐怖と欲望によって動かされる
~ウォール街の相場格言~

ある外資系証券会社にて
「な、何だと、無敗の相場師Yが動いただと」
「ま、間違いありません、Yがブログで買いを予告しました」
「買う株を事前に予告するとはな、Yが買えば売り叩いてやれ」
「かしこまりました」

あるメガバンクにて
「Yが取引口座へ資金移動しました、しかも我がグループの株を買うと予告しています」
「Yは我がグループの株でそんなに儲けてはいないはずだ」
「そ、それが・・・」
「何い、当行がYに融資した住宅ローン以上の儲けを出しているだと」

都内某所にて
「相場が大きく動こうとしています」
「なぜ、相場が大きく動こうとしておる」
「平家の末裔である無敗の相場師Yが買いを予告したからです」
「いよいよ平家が表舞台に出る日が来たか、Yの買いに続くぞ」

2018年新春公開「魔法のバトン~ダイヤモンドは誰もくれない~」
君よ、相場の世界を体感せよ。

-------------------------------------------------
もちろん全てフィクションだ。
我ながら、とてもヒマだと思うw

2017年8月15日火曜日

【子どもファンド】株式購入のお知らせ

子どもファンドの運用を担当しているYです。
子どもファンドが株式購入を決定したので、お知らせいたします。

1.株式の購入を行う理由
 出資者への配当増額のため。

2.購入に関わる事項の内容
 (1) 購入する株式の種類 (コード番号8306)三菱UFJフィナンシャル・グループ
 (2) 購入する株式の総数 1,500株(上限)
 (3) 購入価格の総額 1,000,000円(上限)
 (4) 購入期間 平成29年8月25日~平成29年9月25日
 (5) 購入方法 市場買付け

(ご参考) 平成29年8月15日時点の三菱UFJフィナンシャル・グループ株の保有
 保有株式数 3,500株(←タダ株w)

2017年8月14日月曜日

【エッセイ】夜の公園で逆ナンされた話

自身は喫煙をたしなむ。
喫煙する際は、近くの公園でたしなむようにしている。
先日、自身が喫煙する時間帯にいつも同じ女性がいることに気づいた。
女性も毎晩、公園で喫煙しているのだが、徐々に自身の方へ近づいてきていたw

先日のこと、喫煙を終えてマンションに戻ろうとすると女性から声をかけられた。
振り向くと、女性が近寄ってきて煙草をくれた。
聞くと、女性は近くのマンションに親子2人で暮らしているらしい。
自身のことを聞かれたので、自身も娘と2人暮らしだと答えておいたw

その後、お互いのことを一通り話した。
自身はモテルタイプではないし、しかも大学生の娘がいるオジサンである。
だが、相手が好意を持っているかいないかくらいはわかるつもりだ。
前回、逆ナンされたのは、数年前に搭乗した国内線のCAだったw

まさか、この歳になって、逆ナンされるとは思わなかった。
えっ、逆ナンされた相手とはどうなるんだって。
今回、女性の出身地を聞くだけで、10分以上かかった。
女性が話す外国語を覚える気はないので、交際に発展することはないだろうw

2017年8月13日日曜日

【コラム】株式投資初心者が最も陥りやすいこと

自身は住宅ローン一括完済のため、2005年から株式投資による資産運用を始めた。
2014年に住宅ローンを一括完済、完済後も順調に資産が増え続けている。
今年の夏から、株式投資を始める方もいるかもしれない。
自身の経験を踏まえ、株式投資初心者が最も陥りやすいことについて書いてみるw

最も陥りやすいことは、株価が騰がったら利益確定しようと売ることだ。
事実、株価が騰がったら利益確定しようと売る個人投資家は多い。
株式投資には譲渡益(キャピタルゲイン)と配当(インカムゲイン)がある。
利益確定の売りでは、譲渡益(キャピタルゲイン)しか得ることはできないw

では、株価が騰がったら、どうすればよいか。
答えは簡単で、元本分の株だけ売って利益を確定しなければよい。
100円の株が3,000株あったとする、株価が150円になれば2,000株売ればよい。
すると1,000株のタダ株ができ、配当(インカムゲイン)を得続けることができるw

株式投資では配当を得続けることができるタダ株を増やさなくてはならない。
株式投資で資産を増やす黄金のサイクルは以下だ。
株を買う→タダ株を作る→配当が入る→金が貯まる→株を買う・・・
黄金のサイクルに、配当を得続けることができるタダ株は欠かせないのであるw

2017年8月12日土曜日

【エッセイ】2017年子どもファンド方針発表

こちらは2017年子どもファンド方針発表の会場です。
まもなく、2017年子どもファンド方針発表が始まろうとしています。
子どもファンドは、無敗のファンドマネージャーY氏が運用するファンドです。
娘の資産運用のために、Y氏が毎年100万円ずつ追加投資し運用しています。

現在までの運用実績について、あらためて振り返ってみたいと思います。
2015年に8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループを1,300株購入、運用を開始。
2016年には ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 2,200株を買い増し。
同年末には別銘柄を売り元本引上げ、3,500株全てタダ株にしています。

運用開始から3年目となる2017年はどのような運用を行なうのでしょうか。
ああーっと、今、ゴールドのド派手なスーツを着たY氏が現れました。
お聞きください、会場内は盛大な拍手と歓声で包まれています。
Y氏が片手を挙げると、会場内は水を打ったように静かになりました。

会場内を見回したY氏、おもむろにスクリーンを指差しました。
スクリーンにスライドが映し出されました・・・えっ・・・。
「㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ買い増し」
ま、まさかの㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ買い増しだーっ!

一体、誰が今年の運用方針がタダ株の買い増しだと予想していたでしょうか。
ああーっと、Y氏が再びスクリーンを指差しました。
スライドが切り替わり、そこに書いてあるのは・・・。
「投資は自己責任でw」

2017年8月11日金曜日

【コラム】恐怖が動かす相場が始まる

ウォール街の相場格言に「The market is driven by fear and greed」がある。
直訳すると、市場は恐怖と欲望によって動かされる。
この相場格言から、相場を動かすのは経済指標や企業業績ではないことがわかる。
相場を動かすのは、まさしく人々の恐怖と欲望なのであるw

例えば、リーマンショックで国内相場は暴落した。
リーマンショックは米国のバブル崩壊が発端だった。
当たり前だが、日本経済への実質的な影響は微々たるものだった。
にも関わらず、投資家の恐怖により国内相場は暴落したのであるw

今年に入ってから、相場は欲望によって動いてきた。
ところが最近の世界情勢から、相場は恐怖によって動き始めている。
愚かな外国人投資家たちが、ようやく高値掴みしたことに気づいたのである。
他国間の争いが日本経済へ与える影響はマイナスではなく、むしろプラスだw

歴史が証明しているが、他国間の争いにより下落した相場は買いだ。
買わずに資金を貯めてきた数少ない賢明なる読者の方々、準備はいいかな。
以前から予告してきた今年の相場の底は近い。
愚かな外国人投資家たちが手放す株を、底値で買いとってやろうじゃないかw

2017年8月10日木曜日

【コラム】建築士視点での持ち家が得か賃貸が得か

持ち家が得か賃貸が得かというテーマについて、建築士の視点で書いてみる。
自身は所有するマンションを賃貸にし、賃貸のタワーマンションに住んでいる。
持ち家を所有し賃貸暮らしをしている稀なケースかもしれない。
また貸主と借主の双方のメリット、デメリットがわかる立場でもあるw

結論からいうと、持ち家か賃貸かは住まい手の価値観で決めればよい。
持ち家に住みたければ持ち家に、賃貸に住みたければ賃貸に住めばよい。
ただし、金銭的なメリットを考えるなら賃貸だ。
例えば「家賃並みの返済で、マイホームを手に入れることができます」があるw

このセールストークには、持ち家を手に入れたらかかる固定資産税等は入っていない。
また経年劣化に伴うメンテナンス費用も考慮されていない。
例えば、UR賃貸物件での内装の償却年数は6年らしい。
6年経過物件に住み替えることで、リフォーム済の賃貸物件に住むことができるw

持ち家で6年毎に内装をやり替える人は滅多にいないだろう。
なぜなら月々の返済と固定資産税等の支払いで、そこまで手が回らないからだ。
先ほどのセールストークを正しくいうと下記になる。
「家賃並みの返済では、同じグレードのマイホームを手に入れることはできませんよ」w

2017年8月8日火曜日

【エッセイ】毎月10万円超の不労所得に思うこと

自身は2014年に住宅ローンを一括完済した。
住宅ローンの一括完済後、自身の資産は大幅に減った。
先日、現在の資産を確認した。
すると、住宅ローン一括完済前の資産額まで回復していたw

一括完済後、娘が医療系の大学に入学、年間150万円ほどの学費を払っている。
娘が二十歳になってからは、国民年金を支払っている。
先日は娘が免許を取りたいというので、自動車教習所に30万円ほど支払った。
あと所有するマンションを150万円ほどかけて、リフォームし賃貸物件にしたw

なぜ、3年間で住宅ローン一括完済前の資産額まで回復したのか。
月々の収支を細かく計算すればわかるのだろうが、面倒なので止めた。
考えてみれば当たり前で、自身には給与口座と家賃口座がある。
これらの口座は毎月の収入が支出を上回っているため、プラスで増え続けるのであるw

あと自身には保有するタダ株の配当がある。
計算すると家賃と配当だけで、毎月10万円超の不労所得があることがわかった。
前回は貯めた資金を、住宅ローンの一括完済に充てた。
再び資金ができたが住宅ローンは残っていない、よって株に使うことはいうまでもないw

2017年8月2日水曜日

【エッセイ】嫁の両親を断捨離した話

「断捨離」という言葉がある。
不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想らしい。
自身は今年の4月にタワマンに引越した。
引越しにあたって、多くの「断捨離」を行なったw

家電品や家具を「断捨離」したのはいうまでもない。
最も大きな「断捨離」は義父母、すなわち嫁の両親だ。
自身は嫁が病気になってから、娘と2人暮らしをしている。
娘との2人暮らしは10年以上になるw

10年以上、別居していれば、いつでも別れることはできるらしい。
自身が別れないのは、別れる理由が見当たらないからである。
嫁がザルだと分かってから、正直いって愛情はないが、憎しみもない。
資産運用の大切さに気づかせてくれてありがとう、と感謝したいほどであるw

だが義父母は、自身が別れないのは愛情があるからだと思っているようだ。
そのせいか知らないが、やたらと自身に経済的援助を求めてくる。
引越しにあたって、義父母には縁を切ると告げた。
金に卑しい義父母より、ザルだった嫁の方がまだマシであるw