2017年8月13日日曜日

【コラム】株式投資初心者が最も陥りやすいこと

自身は住宅ローン一括完済のため、2005年から株式投資による資産運用を始めた。
2014年に住宅ローンを一括完済、完済後も順調に資産が増え続けている。
今年の夏から、株式投資を始める方もいるかもしれない。
自身の経験を踏まえ、株式投資初心者が最も陥りやすいことについて書いてみるw

最も陥りやすいことは、株価が騰がったら利益確定しようと売ることだ。
事実、株価が騰がったら利益確定しようと売る個人投資家は多い。
株式投資には譲渡益(キャピタルゲイン)と配当(インカムゲイン)がある。
利益確定の売りでは、譲渡益(キャピタルゲイン)しか得ることはできないw

では、株価が騰がったら、どうすればよいか。
答えは簡単で、元本分の株だけ売って利益を確定しなければよい。
100円の株が3,000株あったとする、株価が150円になれば2,000株売ればよい。
すると1,000株のタダ株ができ、配当(インカムゲイン)を得続けることができるw

株式投資では配当を得続けることができるタダ株を増やさなくてはならない。
株式投資で資産を増やす黄金のサイクルは以下だ。
株を買う→タダ株を作る→配当が入る→金が貯まる→株を買う・・・
黄金のサイクルに、配当を得続けることができるタダ株は欠かせないのであるw