2018年3月28日水曜日

【エッセイ】株の評価額が1日で500万円以上減った話

普段、自身は株式取引口座にログインしない。
なぜなら、自身は年に数回しか売買しないからだ。
したがって、たまにログインしたりすると大変である。
やれ規約が変わっただので、確認するまで取引できないのであるw

久々にログインして、何かおかしいと思った。
しばらく、ポートフォリオを見ていて気づいた。
株の評価額が1日で500万円以上減っていたのである。
自身が先日から仕込んでいた株が上場廃止になったのであるw

上場廃止になった株は、来月になると別の株と株式交換される。
つまり、株式交換されるまでの間は、評価額が表示できないのである。
自身は株式投資を始めて10年以上になる。
恥ずかしながら、自身は今回のような株式交換を経験するのは初めてであるw

来月になれば、交換された株がテクニカル上場する。
交換された株の株価が騰がるのか下がるのかはわからない。
だが、株式交換により、仕込んだ株数が大幅に増えることは間違いない。
記念に、ポートフォリオのスクリーンショットを取ったことはいうまでもないw