2018年3月5日月曜日

【エッセイ】自身が銘柄を明かさない理由

自身は時たまヒントを出すが、積極的に銘柄を明かすことはしない。
自身が積極的に銘柄を明かさない理由について書いてみる。
資産運用の状況や日々の生活を忘れないように記録するため、ブログを始めた。
ちなみに、ブログをスタートしたときのタイトルは「Yの株日記」であるw

以前にも書いたが、いわば自身の備忘録としてのブログだった。
初期の頃、よく書いていた枕詞がある。
「上から目線が気に入らない方は読まなくて結構」である。
今さらながら、当時の自身は尖っていたなと思うw

初期の頃は備忘録で、今みたいな語りかける文体ではなかった。
なぜ、今のような文体になったか。
理由は他の方の株ブログを読んでいるうちに、あることに気づいたからである。
気づいたことは、自身は極めて少数の個人投資家ではないかということであるw

自身は銘柄選びは投資手法の1つにしか過ぎず、投資手法が最も大切だと考えている。
銘柄を明かすと、何も考えずに同じ銘柄を買おうとする人がいるかもしれない。
ブログを読んでくれるのであれば、先ずは投資手法に関心をもってもらいたい。
自身の投資手法が誰かの役に立つほど、嬉しいことはないと考えたからであるw