2015年7月1日水曜日

配当金の使い方5

配当金は株式投資には使っていない。
年に2回、郵便局へ足を運び、現金で貰っている。
株式評価額の数%だが、ちょっとした小遣いにはなる。
基本的には自分、家族、友人達への投資に使うようにしているw

全ての保有株の期末配当金領収証が届いたので、昼休みに郵便局で換金した。
受領日を記入、押印し、提出して待つ。
ほどなく名前を呼ばれ、窓口へ向かった。
窓口の女性が言った、「合計で○○○○○○円になります」

えっ、そんなにあるのかと内心、驚いた。
事前に計算していれば、驚くことはなかったのだろうが、計算していなかったので驚いたw
表情にでていたのか、窓口の女性が「封筒に金額を控えましょうか」と言ってきた。
帰って配当金計算書を見ればわかるので、丁重にお断りさせていただいたw

ちょっとした小遣いレベルではなく、自身にとっては生活費レベルである。
月々に換算すると数万円の増収になるw
さすがに、持ち歩くには多すぎる金額だった。
受け取ると、局内のATMで口座に入金したのは言うまでもないw

優良企業の配当金は、時間と共に増加する。
長期になればなるほど、預金金利との差は大きくなるw
まだまだ国内の預金は低金利である。
なぜ、資産を優良企業の株にシフトしない個人が多いのか、いつも不思議に思っているw