2018年6月13日水曜日

【これから株を始める君へ】ギャンブラー思考になってはいけない

株式投資を始めたときに、気をつけて欲しいことがある。
ある程度の額を、株式投資で運用すると、1日あたり結構な額が増減する。
自身が株を始めたとき、1日で数万円が増減することが信じられなかった。
株を買って保有しているだけで、あとは相場の取引により評価額が増減するのであるw

1日あたり結構な額が増減すると、何が起こるか。
株式投資の金銭感覚が、一種の麻痺状態になるのである。
具体的には、ギャンブラーに似た金銭感覚になる。
日常の金銭感覚と、株式投資での金銭感覚が著しく乖離するのであるw

1回あたりの投資に、給与や賞与を上回る額を平気で使えるようになる。
給与や賞与を上回る額を投資しても、損失を確定しなければ何ら問題ない。
このとき、決してしてはならないのが、損失を確定することである。
具体的には、いったん損切りして新たな株を買って取り戻そうとすることだw

株はやり方次第で、資産運用にもなり、ギャンブルにもなる。
負けたら次で取り返せばいいという発想は、ギャンブラーの思考に他ならない。
株を始めたのなら、ギャンブラーの思考になってはいけない。
損失を確定しないための行動を考え、動くことが大切なのであるw