2018年2月7日水曜日

【エッセイ】落ちるナイフは拾わない~過去の投稿から~

ここ数日、相場の変動が激しい。
数年前から株式投資を始めた人にとっては、初めての大きな変動かもしれない。
下落相場が始まった2015年8月24日の記事を再度、投稿するので参考にして欲しい。
相場の変動が激しいときは、決して買ってはいけないw
--------------------------------------------------------
ここ数日、日経平均株価が下がっている。
下がっているとはいっても、1日あたり数%の下げである。
リーマンショックの1日あたり10%超えの変動に比べると、たいしたことはない。
ただ、数年前から株式投資を始めた人にとっては、初めての大きな変動かもしれないw

株式投資の経験者から、アドバイスをしておく。
株価の下落が続いているときは、絶対に買わないことだ。
いつもそうだが、落ちるナイフを掴む個人が多い。
ナイフは、床に刺さったことを確認してから拾えばよいw

あと、いくら評価損益がマイナスになろうが、決して損切りはしないことだ。
損切りをするくらいなら、ナンピンで平均取得単価を下げてやると思うことだ。
偉大なる相場師達は、一人の例外もなく、評価損益のマイナスを経験している。
しかし誰一人として、損切りをしたことはないのであるw

少なくとも、今週中は荒い値動きが続く相場になる。
自身はナイフが床に刺さったのを確認してから、買いをいれるつもりでいる。
えっ、そういうお前のポートフォリオは、どうなんだって?
昨年、元本を引き上げているので、永遠のゼロならぬ永遠のプラスであるw