2018年2月22日木曜日

【ご質問の回答】なぜ、この銘柄を仕込んだのか

数少ない読者の方から、メールで以下の質問をいただいた。
「仕込まれた銘柄はわかったのですが、なぜ、この銘柄を仕込まれたのですか」
数少ない読者がこれ以上、少なくなるのは避けたい。
よって、ご質問の回答を書いてみるw

今回、自身が仕込んだ銘柄は、4月に統合されるM銀行である。
統合されるのは3行で、内M銀行とK銀行は上場しており、O銀行は上場していない。
2行の株は、新しく設立されたKMフィナンシャルグループの株と株式交換される。
その後、KMフィナンシャルグループ(KMFG)の株は東証へテクニカル上場するw

株の定価はBPS(一株当たり純資産)で、式は純資産÷発行済み株式数になる。
したがって、統合されたKMFG株のBPSは以下になる。
(M銀行+K銀行+O銀行の純資産)÷(M銀行+K銀行の発行済み株式数)。
つまり、O銀行の純資産が加算される分、定価であるBPSは上昇することになるw

RホールディングスによるM銀行株とK銀行株の公開買い付けが実施されていた。
公開買い付けの額は、M銀行株が1株2,233円、K銀行株が1株1,503円。
公開買い付け額に対するPBRは、M銀行株が0.65、K銀行株が0.8。
PBRは数値が低いほど割安なので、自身はPBRが低いM銀行株を仕込んだのであるw