2018年2月25日日曜日

【これから株を始める君へ】株の常識を信じない

リスク回避のため、投資先は分散させましょう。
ドルコスト平均法で、毎月、一定額を投資しましょう。
自分のお気に入りの商品やサービスを行なっている会社の株を買いましょう。
これらの株の常識とされていることを信じてはいけないw

株を始める場合、大半の人は元手が少ない。
株式投資で効率よく資産を殖やすのであれば、投資先は集中しなくてはならない。
1社の株を安いときに買い、高いときに売って、元本を引上げタダ株にする。
上記の手順を繰り返すことで、タダ株を殖やすのであるw

株が安いとき、高いときは誰にでもわかる。
株が安いときは、いわゆる年初来安値になったときだ。
反対に、株が高いときは、年初来高値になったときである。
年初来安値になれば買い、年初来高値になれば売って元本を引き上げるw

投資先の会社が倒産すれば、株は紙くずとなる。
よって、投資先の会社が倒産しないことが絶対条件である。
あとタダ株にしてからは、配当を得続けなくてはならない。
したがって、倒産しない配当のある会社の株を買わなくてはならないのであるw