2014年12月8日月曜日

評価損益をプラスにする方法2

現在、最も人気の投稿が、「評価損益をプラスにする方法」
「ナンピン」というハイテク手法を使えば、評価損益をプラスにできると書いた。
「ナンピン」について、自身の経験も踏まえ、もう少し詳しく書いてみる。
株価が大幅に下がったときに買い増しして、平均取得単価を下げる「ナンピン」

株価が少し下がっただけで買い増しするのは、「ナンピン」とはいわない。
株価が大幅に下がったときに、買い増しするのが真の「ナンピン」
個人的には、株価が半値になったときの「ナンピン」が最も有効だと考えている。
なぜなら、半分の資金で同数の株を購入できるからであるw

半値になる度に「ナンピン」を繰り返せば、倒産でもしない限り、評価損益はプラスにできる。
上記の「ナンピン」の繰り返しに必要な資金を計算してみよう。
購入価格の1/2+1/4+1/8+1/16+1/32+1/64+1/128・・・。
購入資金と同額の資金を「ナンピン」用に残しておけば、評価損益はプラスにできるw