2014年12月28日日曜日

中長期運用の心得11

「安易に買うな、安易に売るな、とらわれるな」
中長期運用の心得を「ジョーカー・ゲーム」風にいうと、上の言葉になるw
世の中には、日々、様々な情報が配信されている。
他者の情報に、とらわれないことが重要だと考えている。

単に長期間、株を保有するだけでは、大きなリターンは得られない。
中長期運用で大きなリターンを得るためには、保有銘柄の適切な入れ替えが重要となる。
利益が出たから売るのではなく、より大きなリターンを狙える銘柄が見つかったら売る。
簡単にいうと、投資信託やファンドと同じ考え方で運用するのであるw

中長期運用での「売り」は、2パターンしかないと考えている。
元本引上げのための部分売りと銘柄入れ替えのための売りであるw
「一旦、売って、利益を確定、再び同じ銘柄を買う」、いわゆる「買戻し」という手法がある。
自身にとっては「損切り」もそうだが、「買戻し」もあり得ないw

2010年以降、銘柄入れ替えのため売却した銘柄を書いてみる。
(順は証券コード順)
・3038 神戸物産
・4668 明光ネットワークジャパン
・4743 アイティフォー
・7202 いすゞ自動車
・7267 本田技研工業
・9021 西日本旅客鉄道
・9202 ANAホールディングス

もちろん全ての銘柄で売却益を得ている。
現在、保有中の5銘柄は、これらの銘柄より大きなリターンを得られると考えているw