2014年12月21日日曜日

買いの手法2

株式投資は、安値で買って高値で売るのが基本である。
高値掴みのリスクを少なくする買いの手法について書いてみる。
1銘柄の全力買いは、最も高値掴みをしやすい。
時間をうまく使うことで、高値掴みのリスクは回避できるw

最初から1銘柄に絞り込んではいけない。
先ずは異業種で割安の2銘柄にターゲットを絞り込む。
あとは2銘柄を小額で「打診買い」、株価の推移を冷静に観察する。
1銘柄に決めたら、目標とした買値になる度に買い増しするだけであるw

1銘柄を小額で購入するのは、「打診買い」とはいわない。
勝負銘柄を決めるために、2銘柄を小額で購入するのが、真の「打診買い」だと考えているw
現在、保有している5銘柄中、相場師になってから購入したのは2銘柄。
2銘柄とも順調に含み益は増えているが、勝負銘柄は1銘柄であるw

「パラダイス・ロスト」
大日本帝国陸軍内に密かに設立されたスパイ養成機関「D機関」の活躍を描く。
ハワイ沖の豪華客船を舞台にした「暗号名ケルベロス」がお気に入りですw