2014年12月28日日曜日

今後の戦略 第一章「現状ヲ把握セヨ」

毎年のことだが、具体的にどうすれば株式取引で勝てるのかと書いた記事はない。
当プログは、「相場師の、相場師による、相場師のためのプログ」であるw
今後、自身が取ろうとしている具体的な戦略について書いてみる。
先ずは下記の日本株相場についてのコメントをお読みいただきたい。

「前年に大幅上昇した日本株相場は、今年に入ると量的金融緩和の解除観測の高まりなどを受け、何度か下振れした。しかしデフレ脱却期待感、企業業績の拡大期待の高まりや世界的な株高などもあり上昇傾向となった。通気業績見通しを据え置く慎重な企業が多かったことや、経済指標の弱含みなどが嫌気されたことから軟調となったものの、早期利上げ観測の後退や海外株高などを受け再度上昇に転じ、回復基調の中で年末を迎えた」

上記は2014年ではなく、2006年の日本株相場についてのコメントである。
2014年の状況と2006年の状況が、よく似ていることがお分かりいただけると思う。
2005年から2006年にかけ、日本株相場は中国経済の好調などを受け、上昇過程にあった。
翌2007年に米国のサブプライム問題が表面化、2008年にリーマンショックが起きた。

次章では、2015年の日本株相場について、冷静に分析してみるw