2018年1月7日日曜日

【エッセイ】子どもが小さい頃に連れて行きたかった場所

先日、以前から行きたかった場所へ行ってきた。
行った場所は、日本橋にある貨幣博物館。
昨年、小樽の金融資料館に行った際に、日本橋に貨幣博物館があることを知った。
恥ずかしながら、昨年まで貨幣博物館があることすら知らなかったw

貨幣博物館は、現在、改装工事中の日本銀行の向かいにある。
入館料は無料、月曜定休だが、月曜が祝日の場合は開館している。
入館受付時には、X線検査装置および金属探知機による所持品検査がある。
なお、展示室内での撮影は禁止されているw
博物館には、黄金の分銅、歴代の大判、小判、日本銀行券などが展示されている。
パンフレットにあるとおり、お金の歴史について学ぶことができる。
また、黄金の分銅や大判を実際に持ち上げて、金の重さを体感することもできる。
小さい子どもにお金について学ばせるなら、一度は連れて行きたい場所であるw

帰宅すると娘が「どこ行ってたの」というので、貨幣博物館だといった。
興味がないのか、「ふ~ん」といいながら土産のチョコを受け取った。
娘の食事を作った後、土産のチョコをみると、すでに数が減っていた。
もし貨幣博物館へ子どもを連れて行くなら、子どもが小さい頃をオススメするw