2018年1月3日水曜日

【エッセイ】娘に7人目の彼氏ができていた話

自身は医療系の大学に通う娘と2人暮らしをしている。
昨年末、娘は6人目の彼氏と別れた。
別れる際には、お互いがプレゼントした物を返したらしい。
娘は元カレから貰った財布を返したので、自身がヴィトンの財布をプレゼントしたw

昨日、娘が新宿へ出かけてくるという。
自身が、何しに行くんだ、と聞くと、新しい彼氏と会ってくるという。
いつ新しい彼氏ができたんだ、と聞くと、昨年末だとドヤ顔でいう。
新しい彼氏について一通り質問、答え終わると娘は新宿へ出かけていったw

さっそく、新しい彼氏の呼び名を考えることにしたが難航している。
いくら考えても、新しい彼氏の出身県の特産物が思い浮かばないのである。
ただし、読者の方に彼氏の出身県を伝える方法はある。
まもなく完成だ、この文章のどこかをタテに読むとお分かりいただけるはずだw

今回の彼氏で7人目なので、自身が結婚までに付き合った人数を上回っている。
どうやら娘は長期投資よりは短期投資が得意なようである。
帰ってきた娘に、プレゼントしたヴィトンの財布を返せといった。
娘に無視されたのはいうまでもないw