2015年6月5日金曜日

銘柄を明かさない理由16

或る講談師の講演から
「ときは平成。
××株を巡る壮大な仕手戦がついに始まったのであります。
伝説の相場師「先生」の参戦により、日経平均株価12連騰で始まった、この仕手戦。
そんじょそこいらの仕手戦とは訳が違う。

買い方には、弱小の個人ながら連戦連勝無敗の相場師Y。
勝つためなら、手段を選ばない天才女性トレーダー率いるA証券の長期運用部門。
売り方には、大手金融機関に、冷徹な思考で相場を制してきたB証券に、売りの相場師たち。
買いで参戦した「先生」は、どう動くのか、目が離せない展開でございます。

アベノミクスに端を発したこの相場。
2020年の東京オリンピックへ向けて、本格的に動き始めたのであります。
買い方、売り方、どちらが相場を制するのか。
ますます目が離せない両陣営の戦い、お楽しみはこれからなのであります」