2015年4月26日日曜日

相場の世界へようこそ

本日は、相場の世界へお越しいただき、ありがとうございます。
私が皆様をご案内させていただくYと申します。
最初に皆様、現金は忘れずにお持ちいただきましたでしょうか。
現金をお持ちでない方は、ご案内いたしませんので、お帰りください。

外にいた大声で叫んでいた人たちは何をしているのかですか。
彼らは予想屋とでもいいましょうか。
何の根拠もない情報を売りつけようとする詐欺師まがいの連中でございます。
では目的の部屋へとご案内いたしましょう。

右奥にプラカードを持った集団がいるのがわかりますでしょうか。
彼らは株を買った企業が倒産して、なぜか当方へ抗議に訪れているのです。
投資は自己責任であることがわかっていない哀れな人々で、いつも同じ顔ぶれです。
目を合わせないようにして、先へ進みましょう。

左奥にいる集団は、投機筋いわゆるデイトレーダーと証券会社の人々です。
彼らは、日夜、発注するスピードを競い合っているのです。
ほとんどの場合、証券会社が勝つので、デイトレーダーの顔ぶれは頻繁に替わります。
ここは騒がしくていけない、先へ進みましょう。

通路の両側に並んでいる部屋は、監禁部屋です。
信用取引の借金を返せない人々を閉じ込めておく部屋になります。
ここが満室になったときが、相場の天井になることが多いようです。
ここの雰囲気は暗くて好きになれない、先へ進みましょう。

さあ目的の部屋に到着しました。
この扉の奥が中長期運用の部屋になります。
お持ちいただいた現金が、時間とともに増える魔法の部屋でございます。
あとは中にいる諸先輩方が、皆様に適切なアドバイスをしてくれます。

入退室はご自由ですが、皆様なかなか出てこられません。
退出期限はございませんので、お好きなだけお過ごしくださいw