2015年4月14日火曜日

銘柄を明かさない理由10

或る証券会社での会話
担当 「頼まれていた資料、Yの保有株リストをお持ちしました」
上司 「ありがとう、助かるよ。長期運用部門は初めてなので、これからもよろしく頼むよ」
担当 「こちらこそ伝説の名トレーダーと仕事ができて光栄です」
上司 「まだ現役だぞ、伝説にしてもらっては困るな」
担当 「申し訳ありません」
上司 「ところで前任者は、Yを潰そうとして、多大な損失を出したらしいな」
担当 「Yの保有株に売りを仕掛けたら、膨大な買い注文が出て踏み上げられたらしいです」
上司 「Yって奴は個人だろう、なぜ個人にそんな資金があるんだ」
担当 「踏み上げたのは、Yが取引口座を持つA証券だという噂です」
上司 「証券会社が個人の売買に肩入れする訳ないだろう」
担当、「噂では、A証券には無敗の個人投資家達の売買に沿って運用する部署があるそうです」
上司 「プロが個人に頼ってどうする、A証券にはプライドはないのか」
担当 「無敗の個人投資家達は、ほぼ全ての保有銘柄を底値で購入しているそうです」
上司 「たまたま運がよかっただけだろう」
担当 「お言葉ですが、底値で買って動かなければ、我々がいくら仕掛けてもお手上げです」
上司 「君はまだ若いな、底値で買って動かない奴を合法的に潰す方法はあるんだよ」
担当 「そんな方法がある訳・・・まさか・・・」
上司 「我々が本気になれば、個人投資家が束になって来ようが相手にならないのだよ」

上のような目に遭わないためというのは冗談だが、過去のプログでは銘柄を明かしていた。
今は銘柄を明かす理由がないし、必要性も感じていないので明かしていないw