2015年4月25日土曜日

これから株を始める君へ29

君の保有株は値上りし、結構な含み益が出ている。
このまま保有していても騰がるかもしれないが、いつ急落するかもしれない。
よりリターンの大きそうな株に乗り換えても悪くないと君は考える。
業績のよい企業の株価が下がらないか君は監視し始める。

君のとろうとしている行動は、極めて非効率的だ。
大きな自然災害でもない限り、上昇相場で割高な企業の株価は下がらないw
割高な企業の株価を、指をくわえて見ていても時間の無駄である。
本来の企業価値に加え、期待度も織り込まれているから、株価が割高なのであるw

特定の企業の株価を監視するのではなく、業種の動向を注視することをオススメする。
好調な業種ではなく、低迷している業種に関心を持つことだw
当たり前だが、低迷中の業種に割安優良企業の株が安値で放置されていることが多い。
もし割安優良企業が見つからなければ、バッドニュースが出てから株価を確認すればよいw

割安優良企業とは、東証上場でPBR1倍未満かつ配当を実施している企業だと考えている。
大きなリターンを得たいのであれば、上記の条件から外れる銘柄を購入してはいけないw