2015年4月21日火曜日

売りの手法4

株は「買い」より、「売り」が難しい。
売った後に株価が騰がれば「売るんじゃなかった。。。」と後悔。
売らずにいて株価が下がれば「売っておけばよかった。。。」と後悔。
どちらにしても、その後の株価が気になって仕方がなくなるw

当たり前だが、売るのであれば株価が高値をつける日に売るのが最もよい。
東証上場銘柄は日経平均が上昇すれば、構成銘柄以外でも騰がる傾向にあるw
かなりの確率で、日経平均が上昇する日がわかる方法がある。
縁起のよいとされる一粒万倍日と他の吉日との組み合わせ日であるw

日本人の大半は、結婚式は吉日を選び、縁起の悪いとされる日を避ける。
つまり縁起のよいとされる日は買い注文が多くなり、売りそびれる可能性は少なくなるw
もし元本回収の売りをするのであれば、縁起のよい日を確認することをオススメする。
ちなみに今日は、一粒万倍日と大安が重なるとても縁起のよい日であるw