2015年4月18日土曜日

買いの手法4

株式投資は、安値で買って高値で売るのが基本である。
安値で買うために忘れてはならないことがある。
購入する銘柄が決まったら、1銘柄を数回にわけて買うことである。
その際に購入する期間は、長ければ長いほどよい。

一度に購入した後で株価が下がれば、追加資金ができるまで手の打ちようがない。
数回にわけて買うことで、高値掴みのリスクは大幅に減少するw
また期間を空けてナンピン買いすることで、評価損益を早い段階でプラスにできる。
もし購入後に株価が騰がり続けたら、買い増しせずに保有し続ければよいだけであるw

株式投資におけるパフォーマンスの9割は、「買い」で決まると考えている。
安値で購入することができれば、その銘柄では売るまで何もすることはないのであるw
自身が保有中の5銘柄は、買付日からわかるように全てナンピン買いである。
ちなみに昨年、仕込んだ2銘柄は、それぞれ仕込み終えるまで数ヶ月を費やしているw