2014年10月26日日曜日

相場のことは相場に聞く

今まで、上昇相場、下降相場、停滞相場を経験してきた。
株式取引では、現在の相場状況を把握し、予測することは欠かせない。
相場のことは相場に教えてもらっている。
具体的には、東京証券取引所ホームページにあるマーケット情報である。

「投資部門別売買状況」からは、法人や海外投資家、証券会社の売買状況がわかる。
「決算短信集計結果」からは、業種別の景気状況がわかる。
また「株式分布状況調査」からは、自身の運用手法の振り返りもできる。
マーケット情報さえあれば、他者の相場予測や株価予想は不必要と考えているw

株価もそうだが、相場が動くには必ず理由がある。
海外投資家が買い越したからといって、上げに転じるとは限らないことがわかるw

「銭の戦争 第五巻 世界大戦勃発」
世界大戦により、世界経済は大きく揺れ、日本の株価も暴落する。
天才相場師は、己のみを信じて、縦横無尽に突き進む。