2014年10月11日土曜日

相場を取り巻く人々

インターネット取引なので、証券会社と深く関わる事はない。
資金移動の際に、確認の電話がかかってくるくらいである。
身内に証券会社と対面取引している人がいる。
何を隠そう田舎暮らしの我が親であるw

親は毎回、同じことを繰り返している。
ある日、「証券会社に勧められたA株を買った。これから騰がるかも」と電話がある。
その後、状況を聞くと「A株は下がって塩漬け。でも新たに勧められたB株を買った」
しばらくすると「A株が騰がったけど、売らない方がいいといわれている」と相談があるw

身内には責任を取る必要がないので、相談があればアドバイスをしている。
「A株は、明日、売り。B株は株価が○円になったら売り」
しばらくすると、お礼のつもりなのか、親から米や野菜が送られてくる。
そんな親によると、最近のオススメはNISAと投資信託らしいw

数年前、古本屋で見かけ、面白そうだと購入した本。
「わたしの株体験」は、過去の株ブームのタレントや作家達の体験をまとめた一冊。
いつの時代も、相場には人間ドラマがあることがわかりますw