2014年11月23日日曜日

素晴らしきプロガーさん達

娘が受験生なので、外出もままならず、召使い状態。
国内の個人投資家や法人は売り越し、外国人投資家は買い越しの状況が続いている。
上昇相場では「買い」が基本なのに、なぜ国内の個人投資家や法人の売り越しが多いのか
ヒマだったので、他の株プログを閲覧した。

自身が閲覧した中長期投資で、株式評価額を増加させているプロガーは全て「買い」だった。
他にも現在の市場を冷静に分析しているプログも多数あり、非常に勉強になった。
日本へ投資する外国人投資家は、当然ながら日本の株式市場について研究をしている。
今が上昇過程だということがわからない個人投資家や法人が売っていることがわかった。

中長期投資で株式評価額を増加させているプロガーには共通点がある。
割安価格で購入し、数年以上にわたり保有している銘柄がある。
「よく、この価格のときにこの銘柄を購入したな」と驚かされるプロガーも多かった。
これらの素晴らしいプロガーがいれば、外国人投資家には負けないなと思った。

売り越しの個人投資家さんへ
自身の経験からいうと、下落相場を恐れる必要はない。
なぜなら株価が下落しきったとき、絶好の買い場が訪れるからである。
下図は以前、手がけた7202のチャートに自身の「売り」「買い」時期を落としたものである。
「落ちるナイフは掴むな」といわれるが、落ちるナイフの柄を掴めば怪我をすることはないw