2014年11月25日火曜日

これから株を始める君へ11

順調に利益を出している君は思う、「IPO株に応募しようかな」
IPO株、すなわち今まで上場していなかった会社が証券取引所へ上場する株。
もし、IPO株を手に入れることができれば、大儲けできると君は思う。
君は大きな夢を見ながら、IPO株の抽選へ申し込もうとする。

IPO株に手を出してはいけない。
なぜなら、上場して最も利益を得るのは、創業者だからだ。
社歴のある大企業の場合、経験豊富な経営陣によるガバナンスが存在する。
ところがIPOする企業にはガバナンスがなく、創業者は自身の利益に走ることが多い。

どうしても君がIPO株を買いたいなら、最低でも1年は我慢することをオススメする。
上場後、業績を伸ばせる企業が、いかに少ないかがわかるはずだw

「学年ビリのギャルが・・・」
受験生の娘が最近、真剣に読んでいる本。
自身は読んだことはないが、「読むのなら、もっと早い時期に読め」といっているw