2014年11月3日月曜日

これから株を始める君へ6

君は生まれて初めて、株で利益を出した。
もっと資金があれば、より多くの利益を手にすることができたのにと君は思う。
信用取引をすれば、今より多くの資金を運用できるらしい。
リスクはあるが、慎重に運用すれば、自分は大丈夫だろうと君は考える。

信用取引に手を出してはいけない。
歴史が証明するように、過去、何人もの相場師が信用取引に手を出し、自ら命を絶った。
上昇相場では、信用取引に手を出す個人が多くなり、景気のいい話が飛び交うようになる。
しかしながら、上昇相場が終われば、信用取引に手を出した個人の大半が消息不明になる。

証券会社や投機筋にとって、最もおいしいのが、信用取引をする個人である。
君が相場で生き残りたいなら、自ら不利なポジションを選択してはいけない。