2018年7月25日水曜日

銘柄を明かさない理由R191 Welcome to BABY WORLD(中編)

自身はゲームとして、「銘柄を明かさない理由R」を書いている。
自身の本業は会社員で、マネーゲームとして株式投資を行っている。
自身は基本、定時に会社を出て、残業はしない。
はっきりいって、仕事が遅い人が残業するのだと思っているw

自身は株式投資を始めてから、出世欲がなくなった。
理由は、譲渡益や配当という収入を得る術を知ったからだ。
譲渡益も配当も、ある意味、不労所得である。
自分が働かなくても、株を売買するだけで得られる収入だw

今、自身は保有株の配当で、週3万円の生活費を賄っている。
先月の給与や夏の賞与には手をつけていないので、口座残高は増え続けている。
仕事もそうだが、今の自身は人生をゲームとして楽しんでいるのかもしれない。
それでは「銘柄を明かさない理由R ベイビーワールドエンド編」をお届けするw

--------------------------------------------------------------------------
第191話  Welcome to BABY WORLD(中編)

シカゴで最も高い超高層ビル、ウィリス・タワーの地下1階。
日系人男性カトウと天使の笑顔をもつ男は、慎重に通路を進んでいた。
最初の誰もいない飲食店を通り過ぎ、次の飲食店を覗いた。
次の飲食店、その次の飲食店にも、客や店員の姿はなかった。

「この店も誰もいないな、何かあったのかな」、天使の笑顔をもつ男がいう。
「Don’t think, feel.(考えるな、感じろ)」、カトウがいった。
カトウは振り返り、後方のエレベーターを見た。
エレベーターが到着する音がし、静かにドアが開いた。

屈強な男たちを引き連れた白のスーツ姿の白人男性がエレベーターから降りてきた。
白のスーツ姿の白人男性の頬には傷があり、やけに赤い唇は爬虫類をイメージさせた。
2人を見つけた白のスーツ姿の白人男性が、目を見開いて叫んだ。
「Welcome to BABY WORLD!!!(ようこそ、ベイビーワールドへ!!!)」。

その言葉が合図だったのか、屈強な男たちがゆっくりと2人へ向かって歩き出した。
エレベーターホールとは反対の前方の通路からも、屈強な男たちが現れた。
「キッチンニカクレテ」、カトウは天使の笑顔をもつ男に小声でいった。
カトウは店のドアを背にして身構えると、左右から近づいてくる屈強な男たちを見た。

店に入った天使の笑顔をもつ男は、奥にある厨房に身を潜めた。
天使の笑顔をもつ男が、厨房に身を潜めたときだった。
カトウは身を翻すと、天使の笑顔をもつ男のいる店に、ドアを開けて飛び込んだ。
屈強な男たちが、カトウの後を追い、店内になだれ込んだ。

わずかな時間差だったが、明るい店内にカトウの姿はなかった。
屈強な男たちは、互いに距離をとり、慎重に明るい店内を進み始めた。
屈強な男たちが、天使の笑顔をもつ男が身を潜める厨房の手前まで進んだときだった。
1人の屈強な男が何かが動くのを感じた瞬間、店内の全ての照明が消えた。

突然、暗くなると、人はものが見えなくなる。
目が暗さに慣れて、ものが見えるようになることを「暗順応」という。
「暗順応」には、ある程度の時間を要するが、訓練により時間を短縮できる。
明るいときに目を閉じておくことで、さらなる時間短縮も可能である。

照明を消したのは、店内のテーブルの陰に潜んでいたカトウだった。
店内に飛び込んだカトウは、照明スイッチの位置を確認、素早く身を潜めた。
身を潜めると、目を閉じて屈強な男たちが店内奥まで進むのを待っていたのである。
「Welcome to the dark.(ようこそ、闇へ)」、真っ暗な店内にカトウの声が響いた。