2018年5月3日木曜日

【コラム】不動産投資の高確率で利益を得るための方法(中篇)

不動産物件をリターンという観点からみると以下になる。
・一般物件:普通に市場で売り買いされている物件→ローリターン。
・任意売却物件:ローン返済に行き詰った人が売りに出す物件→ミドルリターン。
・競売物件:裁判所の決めた基準価格を元に競売にかけられる物件→ハイリターンw

これらの物件をリスクという観点からみると以下になる。
・一般物件:瑕疵担保責任有、内見可→ローリスク。
・任意売却物件:瑕疵担保責任無、内見可→ミドルリスク。
・競売物件:瑕疵担保責任無、内見不可→ハイリスクw

これらの物件のリスクとリターンをまとめると以下になる。
・一般物件:ローリスクでローリターン。
・任意売却物件:ミドルリスクでミドルリターン。
・競売物件:ハイリスクでハイリターンw

競売物件は上手くいけば、最もリターンが高い。
だが内見(事前に内部を確認すること)ができないことはハイリスクである。
落札できたはいいが、多額の追加費用が発生すれば、たちまちローリターンとなる。
長くなったので、続きは次回、書くことにするw