2018年4月17日火曜日

【これから株を始める君へ】株は買うより買わない方が難しい

自身は株式投資を始めてから、連戦連勝の無敗だ。
投資スタイルは現物買いの長期投資である。
売買は年に数回、年によっては全く売買しない年もあった。
そんな自身だが株を始めた頃は、金が貯まる度に株を買っていたw

株式投資の上級者が他の人と異なる点は、経験によって得た知見だ。
例えば、株を買うと下がる人がいる。
買った本人は、なぜ下がるのか理由がわからない。
株が下がったりするのには理由があるw

売る人が多ければ株価は下がる。
えっ、そんな当たり前のことは知っているって。
なら、なぜ株を買うと下がる人がいるのか。
答えは株価が下がっているときは売る人が多いからだよw

つまり、株価が下がっているときに買えば、さらに株価が下がって当たり前なのである。
「落ちるナイフは掴むな」という有名な相場格言がある。
いかに魅力的な銘柄であっても、株価が底を打つまで買うなという意味だ。
株を買うことは誰にでもできる、難しいのは底を打つまで買わないことなのであるw