2016年11月19日土曜日

【エッセイ】ウォール街の相場格言に学ぶ

我が家の株式評価額が、元本引上げ以降、最高額となった。
日経平均が20,000円を超えていた時期の株式評価額を超えたのである。
先日、本屋である投資本があったので立ち読みした。
現役の相場師が書いた本で、前書きに「株は技術」と書いてあったw

株価チャートを用いて、買い時や売り時の解説をしていた。
解説をいくつか読んだが、何がいいたいのかさっぱりわからなかった。
株式投資で技術、すなわち投資手法が大切な点は同感である。
だが株式投資にはもう1点、大切なことがあるw

ウォール街に「Plan your trades. Trade your plan」という格言がある。
トレードをプランし、そのプランでトレードしろという意味である。
思いつきでトレードしても、うまくはいかないという戒めである。
あらかじめ、どの株を何株購入するのかということを決めておかなくてはならないw

日経平均が20,000円を超えていた時期、自身が保有する8306は2,000株だった。
もし8306を10,000株保有していれば、タダ株にできるのにと当時、思った。
よって今年2月のバレンタイン虐殺相場で、8,000株の買い増しを行なわせていただいた。
このときの買いなどにより、株式評価額が元本引上げ以降、最高額となったのであるw