2015年1月30日金曜日

相場師の愛読書

数年前、近所の図書館に暇があると入り浸っていた。
借りるのは経済関係か、小説が多かった。
2008年に、たまたま図書館にあった「ジョーカー・ゲーム」を借りて読んだ。
あまりの面白さに一気読みしたのはいうまでもないw

第二次世界大戦前、「魔王」こと結城中佐が陸軍内に作った諜報機関「D機関」
天才スパイ達が「死ぬな、殺すな、とらわれるな」の戒律の元、世界中で暗躍する。
翌2009年にシリーズ2作目の「ダブル・ジョーカー」が発刊。
更に3年後の2012年にシリーズ3作目の「パラダイス・ロスト」が発刊。

いずれも秀作ぞろいだが、明日から映画「ジョーカー・ゲーム」が公開される。
映画は原作とは違い、派手なアクションがありエンターテイメントな要素が多いらしい。
映画がヒットするかはわからないが、以前からの愛読者としては喜ばしい限りである。
ちなみに自身の読書もある意味、中長期かもしれないw